for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場まちまち、ジャスダックは3日続伸で有終の美

[東京 30日 ロイター] -

<15:20> 新興株市場まちまち、ジャスダックは3日続伸で有終の美

新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は3日続伸した。市場では「マザーズがなかなか心理的節目の1000ポイントを上回らない。12月に新規上場した銘柄が指数に加わるまでは、上値の重い展開が続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。

マザーズ総合は前営業日比0.99%安の987.94ポイント。個別では、直近IPOのアジアクエストがストップ高となったが、リボミックがストップ安となった。

日経ジャスダック平均は前営業日比0.52%高。同指数は1993年の指数算出開始から28年連続で年末高となった。東証再編に伴い来年4月で算出が終了となる中、有終の美を飾る格好となった。個別では、田中化学研究所がしっかりだが、アミタホールディングスが大幅安となった。

<13:32> 後場の日経平均はマイナス圏でもみあい、後場の振れ幅はわずか63円

後場の日経平均はマイナス圏でのもみあいとなっている。現在、前営業日比80円ほど安い2万8800円台前半。値動きに乏しく、後場の日経平均の値幅は上下約63円。国内では明日から4連休となるため、徐々に見送りムードが強まる展開となっている。

市場では「米株が最高値更新となるなど外部環境は悪くないものの、連休中のオミクロン変異株の感染拡大が警戒されており、買いづらい」(国内証券)との声が聞かれる。

午後1時30分現在の東証1部の売買代金は1兆0469億8300万円と低調。東証33業種では、その他製品、水産・農林業、空運業、陸運業などの22業種が値下がり。半面、情報・通信業、ゴム製品、電気・ガス業などの11業種が値上がりとなっている。

<11:40> 前場の日経平均は小幅続落、年末で見送り 米株高にも反応薄

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比20円79銭安の2万8886円09銭と、小幅続落。今年の最終売買日にあたり、明日から4連休を控え見送りムードが強くなっている。

29日の米国株式市場は上昇、ダウ工業株30種とS&P総合500種が終値での最高値を更新した。ダウは6営業日続伸。今年3月5日─15日の7営業日続伸以来の連騰記録となった。

米株高は好材料となったものの、日本株は売り優勢でスタート。薄商いの中、先物主導で下げて始まり、日経平均は一時、前日比300円を超す下落幅となった。ただ、それ以上に売り込む様子はなく、その後は戻り歩調に転じた。前場後半は小幅安の水準でもみあった。

市場では「薄商いの状態が続いているため、上下に振れやすい。ただ、大きく崩れる様子はなく、売り一巡後は引き戻す動きとなった。200日移動平均線をキープして引けるかどうかが注目される」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.05%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8306億8300万円と引き続き細っている。東証33業種では、その他製品、空運業、水産・農林業などが下落する一方、ゴム製品、機械が値上がりした。

個別では、トヨタ自動車が小じっかり。東京エレクトロンも堅調だが、任天堂はさえない。

東証1部の騰落数は、値上がりが870銘柄、値下がりが1155銘柄、変わらずが156銘柄だった。

<10:10> 日経平均は軟調に推移、売り一巡後は下げ渋る展開

日経平均は軟調に推移。薄商いの中、短期的な売り仕掛けによって一時300円を超す下落となったものの、売りが一巡した後は下げ渋る展開となった。

市場では「海外において新型コロナウイルスの感染急拡大が懸念されるものの、日本株は明日から4連休とあって、身動きが取りにくい」(国内証券)との声が聞かれる。

<09:05> 日経平均は続落スタート、4連休控え全体的に見送りムード

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比112円64銭安の2万8794円24銭と、続落してスタートした。明日からの4連休を控えて、全体的に見送りムードが強くなっている。物色面では主力銘柄が売り買いまちまちとなり、方向感を欠いている状況だ。

<08:45> 寄り前の板状況、東エレクやファーストリテが買い優勢に

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、信越化学工業が買い優勢、ソニーグループは売り優勢、キーエンス、リクルートホールディングス、NTTなどが売り買い交錯。一方、指数寄与度の大きい東京エレクトロン、ファーストリテイリングなどが買い優勢となっている。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up