for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ加速、750円超下落 ほぼ全面安

[東京 6日 ロイター] -

<13:05> 日経平均は下げ加速、750円超下落 ほぼ全面安

後場の日経平均は急速に下げ幅を拡大し、現在時前営業日比750円超安の2万8500円台半ばでの推移となっている。東証33業種別では保険業を除く32業種が値下がり、東証1部の騰落数は全体の9割超が下落しており、ほぼ全面安の展開。

新興株市場では、東証マザーズが現在4.5%超安の880ポイント近辺。米国の金融引き締め加速への警戒感からマザーズ銘柄は連日の大幅安となっている。

市場では「アジア株安や米株先物安もあり、世界的にリスクオフムードが強まっているもよう。特にナスダックの先物の下げがきつく、グロース株中心に投げ売りが発生している」(国内証券)との声が聞かれる。ナスダック100Eミニ先物は下げ幅を拡大し、現在0.60%超安。

個別では、トヨタ自動車がマイナス転落し、現在小幅安の水準。その他ファーストリテイリング、東京エレクトロン、テルモ、ソニーグループなどの値がさ株も大幅安となっており、日経平均の下げを加速させている。

<11:48> 前場の日経平均は大幅反落、米金融引き締め警戒 年初の上昇返上

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比610円67銭安の2万8721円49銭と、大幅に反落した。米国の金融引き締め加速への警戒感からグロース(成長)株を中心に売られた米株安を嫌気し、600円超安となった。昨年末終値を割り込み、年明け以降の上昇分を返上した。

前日の米国株式市場は主要3指数が下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(12月14─15日開催分)が予想よりタカ派的と受け止められ、ハイテク株比率の高いナスダックは3%超下落した。

東京市場で日経平均は、米株安の流れを受けて安く始まり、その後も次第に下げ幅を拡大した。半導体関連など株価収益率(PER)の高い銘柄を中心に売りが強まった。

市場では「米雇用統計発表や日本の3連休を控えているため、下落した銘柄を積極的に買い戻すような動きになりにくい」(水戸証券の酒井一チーフファンドマネージャー)との声が聞かれた。

TOPIXは1.39%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆5213億2900万円だった。東証33業種では、サービス業、電気機器、精密機器、空運業など29業種が下落。上昇したのは輸送用機器、海運業、鉄鋼、保険業の4業種だった。

東京エレクトロンがさえなかったほか、ソニーグループは前日の上昇の反動で売られ、ファーストリテイリングも軟調で3銘柄で指数を約200円押し下げた。一方、トヨタ自動車はしっかりだった。

東証1部の騰落数は、値上がりが230銘柄(10%)、値下がりが1885銘柄(86%)、変わらずが70銘柄(3%)だった。

<10:18> 日経平均は上値重い、節目下回る 景気敏感株の支えに期待も

日経平均は上値が重い。米株安が嫌気されて売りが先行し、心理的節目2万9000円を下回っている。一時400円を超える下落となった。

半導体関連など高PER(株価収益率)銘柄で売りが目立つ一方、景気敏感株の一角は買われている。市場では「景気敏感株がしっかりなら、下げは過度には深まらないのではないか」(国内証券)との見方も出ている。東証33業種では、精密機器、電気機器、サービス業など26業種が下落している一方、海運業、輸送用機器、保険業など7業種が上昇している。

個別では、東京エレクトロンなどの半導体関連株やソニーグループが下落。一方、トヨタ自動車がしっかりとなっているほか、デンソーも小幅高と、外需セクターの一角は底堅い動きで「為替の円安基調が支援している」(別の国内証券)との声が聞かれた。

<09:05> 日経平均は反落スタート、米株下落を嫌気 半導体関連が安い

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比195円41銭安の2万9136円75銭と、反落して始まった。前日の米株安を嫌気する動きが先行した。その後も下げ幅を300円超安へと広げ、心理的節目の2万9000円に接近する場面もあった。

主力株はソニーグループが大幅安の一方、トヨタ自動車が小高く、まちまち。東京エレクトロンなど半導体関連株は総じて安い。

<08:50> 寄り前の板状況、ソニーGや東京エレクは売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車や信越化学工業は売り買い拮抗、ソニーグループ、キーエンス、リクルートホールディングスは売り優勢、NTTは買い優勢となっている。

指数寄与度の大きい東京エレクトロン、ファーストリテイリングは売り優勢。

メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループは売り買い拮抗となっている。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up