for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な強気シグナル

[東京 31日 ロイター] - <16:00> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な強気シグナル

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万7001円98銭とわずかながら心理的節目である2万7000円を上回ったほか、5日移動平均線(2万6806円46銭=31日)を13営業日ぶりに上抜けた。短期的な強気シグナルを示唆する格好となった。

<15:45> 新興株市場は続伸、マザーズは3%超高 底打ち期待強まる

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均ともに続伸した。前週末の米国株式市場でハイテク株の比重が高いナスダック総合指数が3%超高となった流れを好感し、マザーズ市場の時価総額上位銘柄が総じて買われた。市場では「底打ちのへの期待感が高まっている」(国内証券)との声が聞かれる。

マザーズ総合は前営業日比3.71%高の758.18ポイント。個別では、メルカリ、フリー、ビジョナル、弁護士ドットコムなどの大型株が大幅高となったほか、オンコリスバイオファーマはストップ高比例配分。半面、ジーエヌアイグループリアルワールドは軟調。HYUGA PRIMARY CAREはストップ安比例配分となった。

日経ジャスダック平均は前営業日比1.29%高。個別では、フルヤ金属東映アニメーションが買われ、カイノス、アミタホールディングスが売られた。

<14:32> 日経平均は一時2万7000円を下回る、市場からは「戻りすぎ」との声

日経平均は前営業日比417円23銭高の2万7134円57銭で高値をつけた後は上げ幅を縮小する展開となっている。足元の株価は300円超高の2万7000円近辺で、心理的節目である2万7000円を再び下回る場面があった。

市場では「戻りすぎの印象があるので、いったん手じまい売りとなっている」(国内証券)との声が聞かれる。日経平均は先週27日の安値からきょうの高値まで1000円以上値を戻したため、スピード調整の売りが優勢となりやすいという。

午後2時30分現在の東証1部の売買代金は2兆3565億5000万円。東証33業種では、海運業、精密機器、サービス業、鉱業などの26業種が値上がり。保険業、銀行業、電気・ガス業などの7業種は値下がりとなっている。

<12:45> 後場の日経平均は上値追い、2万7000円回復 岸田発言を好感

後場の日経平均は上げ幅を拡大し、心理的節目である2万7000円を回復した。足元の株価は前営業日比400円ほど高い2万7100円近辺。前引け後、岸田文雄首相が緊急事態宣言を発出を検討していないと述べたことなどが好感されているという。

市場では「懸念材料が一つ晴れた。ワクチン大規模接種の再開で3回目の接種率も上がるとされており、経済再開への期待も高まっている」(国内証券)との声が聞かれる。

岸田文雄首相は31日午前、記者団の質問に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため緊急事態宣言を発出する可能性について、少なくとも現時点では検討していないと述べた。東京都の病床数や病床稼働率は昨年8月の感染急拡大局面と比べて引き上げられており、逼迫していないと指摘した。]nL4N2UB0MJ]

<11:45> 前場の日経平均は続伸、米株高が支援 値がさ株に買い戻し

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比264円55銭高の2万6981円89銭と、続伸した。前週末の米国株高を支えに、値がさ株が買い戻され指数の押し上げに寄与した。

日経平均は、小安く寄り付いた後、短時間でプラス圏に切り返し、次第に水準を切り上げた。ソフトバンクグループや東京エレクトロン、リクルートホールディングスといった値がさ株の一角が買い戻されて指数をけん引。3銘柄で日経平均を約135円押し上げた。

市場では「米国の金融引き締めへの警戒感から売られてきた高PER(株価収益率)銘柄のうち、成長性が見込める企業群の割高感が和らぎ、買い戻された」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との見方が聞かれた。前週に売り圧力が強かった半導体関連は、総じて堅調だった。

一方、米金融引き締めへの警戒感は引き続きくすぶっている。日経平均は前引けの直前に2万6995円65銭まで上昇する場面があったが、心理的節目2万7000円付近では戻り売り圧力の高まりが警戒されており、節目の手間でいったん足踏みとなった。

個別では、決算を手掛かりとする物色が目立った。好決算を発表したアルプスアルパインや、SGホールディングスが堅調、SCREENホールディングスやZOZO、オリエンタルランドもしっかり。一方、オムロンはさえなかった。

TOPIXは0.87%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆4010億4800万円だった。東証33業種では、精密機器、サービス業、鉱業など23業種が上昇し、保険業、電気・ガス業、銀行業など10業種が値下がりした。

東証1部の騰落数は、値上がりが1581銘柄(72%)、値下がりが519銘柄(23%)、変わらずが82銘柄(3%)だった。

<10:20> 日経平均はプラス圏、VIX指数が低下し落ち着きも

日経平均は小安く寄り付いた後、いったん下げ幅を広げたが持ち直し、プラス圏に浮上した。前営業日比100円超高での推移となっている。

米国の金融引き締めへの警戒感が引き続きくすぶる一方、投資家の不安心理を示すVIX指数がこのところ30台で推移していたものの20台後半へと低下したことを受けて、市場では「やや落ち着きを取り戻しつつある。好業績企業の個別物色が広がれば下値を切り上げていきそう」(国内証券)との見方が出ていた。足元では、業績予想の上方修正を発表したアルプスアルパインなどの上昇が目立つ。

朝方に軟調だったトヨタ自動車やソニーグループ、ソフトバンクグループなどはプラスに浮上。リクルートホールディングスは大幅高となっている。半導体関連もプラスが目立つ。一方、オムロンはさえない。

<09:05> 日経平均は小幅反落スタート、戻り売りが頭抑える

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比26円74銭安の2万6690円60銭と、小幅に反落して始まった。前週末の米株は大幅反発だったが、日本株は先取りする形で大幅に反発していたこともあり、戻り売りに頭を抑えられる格好となった。その後も100円超安に下げ幅を拡大した。

トヨタ自動車やソニーグループは軟調、東京エレクトロンなど半導体関連株はまちまちとなっている。ファーストリテイリングやソフトバンクグループはさえない。

<08:45> 寄り前の板状況、ソニーGは売り優勢・東エレクは買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、NTT、信越化学工業が売り買い拮抗、ソニーグループ、キーエンスは売り優勢、リクルートホールディングスは買い優勢となっている。

指数寄与度の大きい東京エレクトロンは買い優勢、ファーストリテイリングは売り買い拮抗。

メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループが売り優勢。三井住友フィナンシャルグループが売り買い拮抗となっている。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up