for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は小幅続落、FOMC控えて模様眺め気分が支配

 6月15日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比4円18銭安の2万6625円68銭と、小幅続落してスタート。2020年10月、都内にある株価ボードで撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] -

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比4円18銭安の2万6625円68銭と、小幅続落してスタート。寄り付いた後は一時的にプラスとなったものの、その後は下値を探る動きとなっている。時間外取引で米株先物は堅調だが、材料にしている様子は感じられない。

市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えているため、その結果を見極めたいとのムードとなっており、模様眺め気分が支配している状況だ。物色面では主力銘柄が高安まちまちとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up