for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は続伸、高寄り後は一進一退 物色面も高安まちまち

 6月24日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円17銭高の2万6228円42銭と、続伸してスタート。写真は東京証券取引所で2020年10月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 24日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円17銭高の2万6228円42銭と、続伸してスタート。米株高を好感して始まった格好だが、すぐにマイナスに転じた後は一進一退の動きになるなど方向感を欠いている。物色面でも、バリュー系銘柄、グロース株のいずれも高安まちまちで、特徴が見当たらない。週末とあって模様眺めとなり、全体的に小動きになるとの見方が出ている。

一方、総務省が24日に発表した5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.6と、前年同月比2.1%上昇。事前予想と一致した格好でサプライズ感は生じず、材料視されていない様子だ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up