for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり

    [東京 24日 ロイター] - 
    <13:01> 後場の日経平均は日中高値更新、米株先物はしっかり
    
    後場に入り日経平均は上げ幅を拡大し、日中高値を更新している。前営業日比約25
0円高で、2万6400円台前半で推移。米株先物はプラス圏で推移し、しっかりした値
動きとなっている。
    
    前場に引き続き半導体関連株が底堅く、相場を押し上げている。業種別ではサービス
業が堅調。東証33業種では、値上がり率トップとなっている。
    市場では「日本の場合はコロナ禍からの回復が遅れていた分、サービス業関連の上昇
期待は十分にある。サービス関連の銘柄は割安なものも多く、買いが集まっているようだ
」(国内証券)との意見が聞かれた。
    
    東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1257銘柄(68%)、値下がりは51
1銘柄(27%)、変わらずは70銘柄(3%)となっている。
    
    
    
    <11:48> 前場の日経平均は続伸、半導体関連株に買い戻し
     
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比190円99銭高の2万6362円2
4銭と、続伸した。寄り付きから底堅く推移し、徐々に上げ幅を拡大。米長期金利の低下
基調を受けて、半導体関連などの値がさ株が買われたほか、グロース株の一角が堅調だっ
た。
    
    前日の米株株式市場は反発。米利上げに伴う景気後退懸念が根強い中、ディフェンシ
ブ株やハイテク株の上昇が景気敏感株の下落を相殺した。日経平均も、米株市場の流れを
引き継ぎ底堅くスタート。一時、前営業日比約210円高の2万6391円11銭まで上
昇する場面があった。
    業種別では、半導体関連株が堅調に推移。松井証券のシニアマーケットアナリスト・
窪田朋一郎氏は「米金利の低下基調に加え、インテルのCEO(最高経営責任者)が半導
体の供給不足は少なくとも2024年まで続くと話したことが材料視され、半導体関連株
に買い戻しが入っているようだ」と指摘した。
    ただ、買い戻しが入っている銘柄の多くで、「買いは一過性で、伸び悩んでいる印象
。ここ連日の下落を受けた自律反発程度の上昇にとどまっている」(窪田氏)という。
    
    日経平均について、米株の不安定な状況が落ち着くまでは積極的に上値を追う展開は
見込みにくいとの見方もある。ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真代表取締
役は、「マーケットは今後の米株市場の方向感がまだ見極められておらず、米株の方向性
が決まるまでは、日経平均は横ばい圏での推移が続きそうだ」と話した。
    
    TOPIXは0.33%高の1857.80ポイントで午前の取引を終了。東証プラ
イム市場の売買代金は1兆5048億4100万円だった。東証33業種では、値上がり
は海運業やサービス業、精密機器など16業種で、値下がりは空運業、保険業、石油・石
炭製品など17業種だった。                            
    
    個別では、東京エレクトロンやアドバンテストがしっかりとなった
反面、三菱自動車工業やIHIがさえない。指数寄与度の大きいファー
ストリテイリングは軟調だが、ソフトバンクグループはしっかり。
    
    東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1132銘柄(61%)、値下がりは62
7銘柄(34%)、変わらずは79銘柄(4%)だった。                
    
    
    
    <11:12> 日経平均は堅調、210円高 半導体関連株に買い戻し
    
    日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約210円高の2万6300円台後半で推移
している。半導体関連の値がさ株が引き続き堅調で、相場を押し上げている。
    東京エレクトロン、アドバンテストはそれぞれ2%高。市場では、
「米金利の低下基調に加え、インテルのCEO(最高経営責任者)が半導体の供給不足は
少なくとも2024年まで続くと話したことが材料視され、半導体関連株に買い戻しが入
っているようだ」(国内証券)との声が出ている。
    
    東証33業種では、サービス業、精密機器、化学工業など17業種が値上がり。一方
、保険業、空運業、石油・石炭製品など16業種は値下がりとなっている。
    
    
    <10:05> 日経平均は上値追い、半導体関連など値がさ株がけん引
    
    日経平均は上値追い。2万6300円前後で推移している。とりわけ戻す理由が見当
たらず、自律反発との見方が出ていた。東京エレクトロンなど半導体関連株など
指数寄与度が大きい銘柄がけん引する格好。その一方で、景気敏感セクターに下げる銘柄
が目立つ。
    
    市場では「半導体関連株が上げをリードしているが、これらは直近の相場で売り込ま
れただけに、自律反発の色彩が強い。大引けまでこの動きがもつかどうかが注目されそう
だ」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声も聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は続伸、高寄り後は一進一退 物色面も高安まちまち

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円17銭高の2万6228円
42銭と、続伸してスタート。米株高を好感して始まった格好だが、すぐにマイナスに転
じた後は一進一退の動きになるなど方向感を欠いている。物色面でも、バリュー系銘柄、
グロース株のいずれも高安まちまちで、特徴が見当たらない。週末とあって模様眺めとな
り、全体的に小動きになるとの見方が出ている。
    
    一方、総務省が24日に発表した5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コア
CPI)は101.6と、前年同月比2.1%上昇。事前予想と一致した格好でサプライ
ズ感は生じず、材料視されていない様子だ。
    
    
    <08:20> 寄り前の板状況、C&Fロジは買い優勢 京阪神不は売り優勢
    
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    
    買い優勢
     銘柄名                              騰落   MID気   買気配  売気配  終値
                                         率     配                      
  1  C&FロジHLDG                    27%   1,295   1,294   1,295   1,021
  2  SCSK                              23%   2,690   2,690   2,690   2,190
  3  淀川製鋼所                            23%   2,693   2,693   2,693   2,193
  4  ダブル・スコープ                      22%   2,184   2,184   2,184   1,784
  5  パーソルHLDG                      21%   2,827   2,827   2,827   2,327
  6  サトーHLDG                        21%   2,272   2,271   2,272   1,872
  7  バイタルケーエスケーHLDG <3151    21%     864     864     864     714
     .T>                                                                
  8  テクノプロHLDG                    20%   3,015   3,015   3,015   2,511
  9  富士ソフト                            20%   8,955   8,950   8,960   7,470
 10  TBSHLDG                        20%   2,015   2,014   2,015   1,684
    
    売り優勢
     銘柄名                              騰落   MID気   買気配  売気配  終値
                                         率     配                      
  1  京阪神ビルディング                   -24%     946     946     946   1,246
  2  大豊建設                             -17%   3,465   3,465   3,465   4,165
  3  アイザワ証券グループ                 -14%     602     601     602     699
  4  セイコーエプソン                     -10%   1,860   1,859   1,860   2,065
  5  福井コンピュータHLDG              -8%   3,003   3,000   3,005   3,280
  6  オービックビジネスコンサルタン <47    -6%   3,908   3,905   3,910   4,160
     33.T>                                                              
  7  日本工営                              -6%   3,093   3,090   3,095   3,290
  8  ファイズHLDG                      -6%     697     696     697     739
  9  フィル・カンパニー                    -6%   1,060   1,060   1,060   1,122
 10  ゴルフダイジェスト・オンライン <33    -5%   1,295   1,294   1,295   1,362
     19.T>                                                              
 

    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up