for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再びプラス圏に浮上、グロース株買いが相場下支え

    [東京 28日 ロイター] - 
    <10:54> 日経平均は再びプラス圏に浮上、グロース株買いが相場下支え
    
    日経平均は再びプラス圏に浮上し、前営業日比約30円高の2万7700円台半ばで
小動きとなっている。ドル/円の急速な円高進行を受けて、輸出関連株がさえない動きと
なる一方、グロース株がしっかりと推移し、相場を下支えしている。
    
    米連邦公開市場委員会(FOMC)とパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記
者会見を経て、「目先は米金利上昇が落ち着くとの思惑から、これまで売られていたグロ
ース株に買い戻しが入っている」(国内証券)という。エムスリーやメルカリ<4
385.T>、リクルートホールディングスなどが堅調な値動きとなっている。
    
    
    <10:16> 日経平均はマイナス転換、利益確定売りが重し 200日線が支えに
    
    日経平均はマイナスに転換した。朝方には一時、心理的節目2万8000円を回復し
たが、その後は徐々に上げ幅を縮小した。値がさの東京エレクトロンなどの半導
体関連株などが上げ幅を縮小したりマイナスになっている。
    市場では「2万8000円台は3月と6月に2度、跳ね返された水準でもあり、利益
確定売りが出やすい」(国内証券)との声が聞かれる。一方、2万7500円台半ばを通
る200日移動平均線を維持した水準にあり「下押しされる場合、支えになりそうだ」(
別の国内証券)という。
    東証33業種では、値上がりは鉱業や電気・ガス業、石油・石炭製品など10業種で
、値下がりは保険業や食料品、医薬品など23業種となっている。
    
    
    <09:08> 日経平均は続伸、2万8000円を回復 FOMC通過し過度な警戒後
退
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比193円40銭高の2万7909
円15銭と続伸してスタートした。その後、上げ幅を200円超高に拡大して一時、心理
的節目2万8000円を6月10日以来に回復した。
    
    前日の米国市場では連邦公開市場委員会(FOMC)後に株高となっており、これを
好感する形で買いが先行した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言で、市場
では米国の金融引き締めに対する過度な警戒が和らいだ。
    
    主力株はソニーグループがしっかりの一方、トヨタ自動車が小安い
。半導体関連は東京エレクトロンが堅調。指数寄与度の高いファーストリテイリ
ング、ソフトバンクグループはしっかり。リクルートHLDG
は大幅高となっている。
    
    
    <08:25> 寄り前の板状況、ネクソンが買い優勢 日本電設工業は売り優勢 
    
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    
    買い優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  ネクソン                        23%  3,72  3,72  3,72  3,02
                                              5     5     5     5
   2  シナネンHLDG                19%  4,36  4,36  4,36  3,66
                                              0     0     0     0
   3  ティラド                        19%  3,14  3,14  3,14  2,63
                                              0     0     0     9
   4  パーソルHLDG                18%  3,21  3,21  3,21  2,71
                                              5     5     5     5
   5  TDCソフト                    16%  1,39  1,39  1,39  1,20
                                              5     5     5     2
   6  アセンテック                    15%   746   746   746   646
   7  ビーグリー                      14%  1,48  1,48  1,48  1,29
                                              1     0     1     6
   8  丸一鋼管                        14%  3,32  3,32  3,33  2,92
                                              8     5     0     6
   9  RS Technologie    12%  6,98  6,98  6,99  6,22
      s                                      5     0     0     0
  10  アズビル                        10%  4,45  4,45  4,45  4,03
                                              0     0     0     0
 
    
    売り優勢
    
   1  日本電設工業 <19  -20%    1500.5    1500    1501    1875
      50.T>                                             
   2  大豊建設 <1822.T  -12%      3750    3750    3750    4260
      >                                                 
   3  インソース <6200  -11%    2332.5    2332    2333    2631
      .T>                                               
   4  荏原実業 <6328.T  -7%       2149    2149    2149    2314
      >                                                 
   5  Casa <7196.T  -6%      844.5     844     845     903
      >                                                 
   6  ブレインパッド <  -5%       1140    1140    1140    1206
      3655.T>                                           
   7  日本国土開発 <18  -5%      586.5     586     587     620
      87.T>                                             
   8  アルトナー <2163  -5%        890     890     890     934
      .T>                                               
   9  ゴルフダイジェス  -5%     1580.5    1580    1581    1657
      ト・オンライン <                                  
      3319.T>                                           
 
    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up