for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、2万8000円をはさんで一進一退

    [東京 9日 ロイター] - 
    <13:05> 日経平均は安値もみあい、2万8000円をはさんで一進一退
    
    日経平均は安値もみあい。2万8000円をはさんで一進一退となっている。後場に
入ってからも手掛かり材料に乏しい状態が続いており、模様眺めムードが強い。時間外取
引で米株先物は堅調に推移しているが、材料視されている様子はない。
    
    市場では「米消費者物価指数(CPI)の発表が見送りの要因と言われているが、夏
休みシーズンの本格化で、しばらく低調な商いが続きそうだ」(国内証券)との声が聞か
れた。
    
    物色面では後場入り後に東証33業種で繊維業が急伸。立ち会い時間中に好決算を発
表した東レが買われた。
    
    
    <11:45> 前場の日経平均は反落、模様眺め 東エレクとSBGが下げ先導
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比239円89銭安の2万8009円3
5銭と、反落した。10日発表の米消費者物価指数(CPI)を見極めたいとのムードが
強く、模様眺めとなっている。そうした中で、決算の内容が嫌気された東京エレクトロン
、ソフトバンクグループが大幅安となり、下げ相場を先導した。
    
    8日の米国株式市場はほぼ変わらずで終了。日本株にとって方向性を示す材料とはな
らず、市場参加者の関心はCPIに向いている。
    米CPIの発表を控え全般的に手掛かり難となる一方、11日が休場となることから
日本株は商いが薄く見送りムードが強い状態となった。好決算を発表した銘柄は引き続き
物色されているものの、全体を押し上げるまでには至っていない。反対に、指数寄与度が
大きい東エレクとソフトバンクGが厳しい下げを演じたことで、日経平均は終始マイナス
で推移した。
    
    市場では「米CPI発表後の米長期金利とナスダックの動きを見極めたいとのムード
がある中で、きょうはソフトバンクGと東エレクの2銘柄が厳しい下げが目を引いた。日
経平均もの下落もほとんどこの2銘柄によるものと言えるのではないか」 (野村証券・
投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声が聞かれる。 
    また「高校野球開催中の相場は閑散になるというアノマリーそのものの相場。材料以
前の問題として参加者が少なく、目先は方向感が定まらないのではないか」(国内証券)
という。
    
    TOPIXは0.73%安で午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は1兆
5718億1300万円だった。東証33業種では、ゴム製品、輸送用機器、電気機器な
どが値下がりする一方、鉱業などが高い。
    
    個別では、東京エレクトロン、ソフトバンクグループが下げたほかは、ソニーグルー
プなど主力銘柄に軟調なものが目立つ。半面、INPEXが好決算を材
料に上昇、ファーストリテイリングもしっかりだった。
    
    プライム市場の騰落数は、値上がりが555銘柄(30%)に対し、値下がりが12
03銘柄(65%)、変わらずが79銘柄(4%)だった。
    
    
    <10:55> 日経平均は下値模索、見送り気分強く2万8000円割れ
    
    日経平均は下値を模索する動きとなっている。見送り気分が強く商いが薄い中、2万
8000円は抵抗線にならず、あっさりと割り込んだ。
    
    市場では「10日の米消費者物価指数(CPI)の発表までは動けないとする投資家
が多いようだ。高校野球開催中の相場は閑散になるとのアノマリー通りの相場付きとなっ
ている」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    ただ、そうした中にあっても、好決算銘柄を物色する意欲は強いと指摘されており、
上方修正を発表したINPEXなどが高い。
    
    
    <10:02> 日経平均は下げ幅拡大、値がさ株や半導体関連株軟調で
    
    日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約140円安の2万8100円近辺で推移し
ている。指数寄与度の大きいハイテク株や半導体関連株が軟調で、相場を押し下げている
が、好決算銘柄への物色が支えとなり、節目の2万8000円台はキープしている。
    市場では「昨日まで日経平均は4連騰していたため、利益確定売りも出やすい」(国
内証券)との声が聞かれた。2万8000円台で推移していることから、「足元の相場は
底堅い」(別の国内証券)との意見もあり、終値で同水準を維持できれば、極めて強い相
場展開が見込めるのではないか、との見方も出ていた。
    
    東証33業種では、値上がりは鉱業や海運業、精密機器など18業種で、値下がりは
ゴム製品や銀行業、電気機器など15業種となっている。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は反落、ソフトバンクG軟調で相場の重し
    
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比12円40銭安の2万8236円
84銭と、反落してスタートした。一時、プラス圏に浮上したが再びマイナス転化し、方
向感のない値動きとなっている。軟調な決算発表を受けて指数寄与度の大きいソフトバン
クグループが2%超安で推移し、日経平均を45円ほど押し下げている。昨日決
算発表を行った東京エレクトロンは売り気配。
    
    トヨタ自動車やホンダなど自動車株は軟調に推移している一方、指
数寄与度の大きいファーストリテイリングは小幅高となっている。
    
    
    <08:20> 寄り前の板状況、LITALICOは買い優勢 ウィルグループは
売り優勢
    
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    
    買い優勢
    
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  LITALICO                11%  2,82  2,81  2,82  2,53
                                              0     9     0     3
   2  テイクアンドギヴ・ニーズ <433    7%  1,89  1,89  1,89  1,76
      1.T>                                    9     9     9     7
   3  ネクソン                         6%  3,19  3,19  3,20  3,00
                                              8     5     0     5
   4  旭有機材                         6%  2,37  2,37  2,37  2,24
                                              0     0     0     6
   5  INPEX                       5%  1,55  1,54  1,55  1,47
                                              0     9     0     1
   6  住友不動産                       5%  3,68  3,68  3,68  3,50
                                              8     7     8     2
   7  大氣社                           5%  3,39  3,39  3,39  3,22
                                              0     0     0     0
   8  GMOペイメントゲートウェイ     5%  11,9  11,9  11,9  11,3
                                             45    40    50    50
   9  オービックビジネスコンサルタ     5%  4,84  4,84  4,84  4,62
      ン                                      5     5     5     5
  10  ロート製薬                       5%  3,99  3,99  3,99  3,81
                                              3     0     5     5
 
    
    売り優勢
    
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  ウィルグループ                 -22%  1,05  1,05  1,05  1,35
                                              0     0     0     0
   2  日本製鋼所                     -19%  2,54  2,54  2,54  3,15
                                              6     6     6     0
   3  エンシュウ                     -16%   808   808   808   958
   4  チャーム・ケア                 -15%  1,00  1,00  1,00  1,17
                                              1     0     1     4
   5  日東工業                       -10%  2,34  2,34  2,34  2,60
                                              9     8     9     4
   6  東京エレクトロン                -9%  45,0  45,0  45,0  49,7
                                             25    20    30    00
   7  東芝テック                      -9%  4,10  4,10  4,10  4,52
                                              0     0     0     5
   8  ドリームインキュベータ <4310.   -8%  1,90  1,90  1,90  2,06
      T>                                      1     0     1     9
   9  市光工業                        -8%   351   350   351   380
  10  セレス                          -7%  1,06  1,06  1,06  1,14
                                              1     0     1     4
 
    

    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up