for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、米ナスダック高が支援

    [東京 12日 ロイター] - 
    <15:03> 新興株はマザーズが3日続伸、米ナスダック高が支援
    
    新興株式市場は、マザーズ総合は1.7%高の753.9ポイントと、3日続伸した
。前週末の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が上昇し、グロース(成長)
株を支援した。東証グロース市場指数は前営業日比1.69%高の958.6ポイントだ
った。
    ビジョナルやエクサウィザーズが大幅高。そーせいグループ<4565.
T>も買われた。一方、アンジェス、ステムリムが大幅安。ジーエヌアイ
グループは軟調だった。
    
    <14:10> 日経平均は小動き、米株先物が横ばいで上昇に弾みつかず
    
    日経平均は高値圏での小動きとなっている。後場の値幅は46円程度にとどまってい
る。米金融引き締めとそれに伴う景気後退への懸念がくすぶる中、8月米消費者物価指数
(CPI)の発表を明日に控え、見送りムードが強まっている。
    
    連日の好地合いを受けて「だいぶムードは良くなってきた」(国内証券)との声が聞
かれる。一方、時間外取引の米株先物は横ばい推移にとどまっており「崩れていないこと
は心理的に支えだが、(日本株の)上昇に弾みがつかない」(国内運用会社)という。

    
    <13:05> 後場入りの日経平均は高値もみ合い、徐々に見送りムードに
    
    後場に入ってからの日経平均は高値もみ合い。2万8500円台を固めつつあるが、
新たな材料が見当たらず、徐々に見送りムードが強くなってきた。時間外取引で米株先物
がマイナス圏に沈んだことが上値を重くしている。
    
    市場では「テクニカル的にみると、突っ込みからのリバウンドを鮮明にしており、売
りにくいものの、反対に買い材料もないため、気迷いから膠着状態となっている」(国内
証券)との声が聞かれた。
    
    
    <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株高を好感 25日移動平均線を上回る
    
    午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比314円15銭高の2万8528円9
0銭と続伸そた。前週末の米国株高を好感し、幅広く物色された。日経平均は2万820
0円台に位置する25日移動平均線を上回るなど、テクニカル面で強気転換を示唆するも
のが目立っている。
    
    米国株式市場は続伸。景気減速への懸念はくすぶるものの、売りの反動が出たとみら
れている。これを受け、週明けの日本株も上値を追って始まった。
    半導体関連株をはじめグロース銘柄が幅広く物色され、指数寄与度が大きい銘柄が全
体を押し上げる格好となっている。テクニカル面の改善が目立つようになったことから、
さらに戻り相場に対する期待が膨らんだ。
    
    当面の注目点は、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)における利上げ幅と今後
の見通しについての示唆となるが「いわゆるブラックアウト期間に入り、当局者からの言
及がなくなる。そのため、目先は8月米消費者物価指数(CPI)など経済指標が株価を
左右する要因になりそうだ」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)とい
う。
    強い基調を示しながらも、13日に米CPI発表を控えているため後場は模様眺めと
なる可能性が高い。
 
    TOPIXは0.64%高で午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は1兆
1899億1100万円だった。東証33業種では、空運業、精密機械が上昇、半面、鉱
業の下落が目立つ。
    
    個別では、東京エレクトロンなど半導体関連株のほか、ファーストリテイリ
ングがしっかり。JR東海、オリエンタルランドなども堅調に
推移したが、三菱UFJフィナンシャル・グループなど銀行株がさえない。

    プライム市場の騰落数は、値上がり1189銘柄(64%)に対し、値下がりが53
7銘柄(29%)、変わらずが109銘柄(5%)だった。
    
    
    <11:05> 日経平均は堅調、米株先物高も支援材料 テクニカル面は強気示唆
    
    日経平均は2万8500円台で堅調に推移している。時間外取引で米株先物が高いこ
とも支援材料となった。一方、テクニカル面では強気を示唆するサインが出ているという
。
    
    日経平均は前週末、8月17日高値(2万9222円77銭)から9月7日安値(2
万7268円70銭)まで押した幅の半値戻し(2万8245円)を達成していたが「そ
の後も勢いが止まらない。テクニカル面の好転も目立ち、戻り相場に対して期待できる状
況になってきた」(国内証券)という。
    
    きょうは、日経平均が2万8200円台に位置する上向きの25日移動平均線を大き
く回った。
    
      
    <10:05> 日経平均は上げ幅拡大、値がさ株が一段高 
    
    日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約310円高の2万8500円台前半で推移
している。値がさ株が一段高となり、上げ幅は一時390円を超えた。市場では「前週末
のナスダック総合の上昇やフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が2%高となり、
半導体関連株やハイテク株が堅調に推移している」(国内証券)との声が聞かれる。ただ
、「買い一巡後は徐々に上値の重さも意識されそうだ」(同)との指摘もあった。
    
    物色動向としては、時間外取引で米10年債利回りが足元3.3%台で落ち着いてい
ることから、グロース(成長)株がしっかり。メルカリは3%高、エムスリー<2
413.T>は2%高となっている。
    東証33業種では、空運業、陸運業、精密機器など25業種が値上がり。反面、海運
業、鉱業、電気・ガス業など8業種は値下がりしている。
     
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は3日続伸、値がさ株や主力株が堅調
    
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比268円84銭高の2万8483
円59銭と、3日続伸してスタートした。前週末の米株高の流れを引き継ぎ、幅広い業種
で買いが先行している。値がさのハイテク株や半導体関連株が堅調で、相場を押し上げて
いるほか、主力株もしっかり。個別では、東京エレクトロン、ソフトバンクグル
ープ、ファーストリテイリングなどが堅調に推移している。
    
    業種別では、空運業、陸運業、精密機器の上昇が目立っている。一方、海運業、電気
・ガス業などはさえない。
    
    
    
    <08:20> 寄り前の板状況、カーバイドは買い優勢 ポールHDは売り優勢
    
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    
    買い優勢
    
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  日本カーバイド工業              25%  1,52  1,52  1,52  1,22
                                              2     2     2     2
   2  技研製作所                      22%  3,92  3,92  3,92  3,22
                                              0     0     0     0
   3  HEROZ                      18%   999   998   999   849
   4  三洋貿易                        16%  1,23  1,22  1,23  1,05
                                              0     9     0     7
   5  鎌倉新書                        16%   736   736   736   636
   6  プロネクサス                    16%  1,11  1,11  1,11   963
                                              3     3     3  
   7  マツオカコーポレーション <361   15%  1,12  1,12  1,12   974
      1.T>                                    4     4     4  
   8  コクヨ                           9%  1,99  1,99  1,99  1,83
                                              4     3     4     3
   9  電通グループ                     8%  4,65  4,65  4,66  4,31
                                              8     5     0     5
  10  エレコム                         8%  1,76  1,75  1,76  1,63
                                              0     9     0     3
 
    
    売り優勢
    
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  ポールトゥウィンHLDG <365   -9%   939   938   939  1,03
      7.T>                                                      7
   2  Link―U                    -8%   771   770   771   840
   3  ハマキョウレックス              -6%  3,10  3,10  3,11  3,31
                                              8     5     0     0
   4  トビラシステムズ                -6%   951   950   951  1,01
                                                                0
   5  椿本チエイン                    -6%  3,07  3,07  3,08  3,26
                                              8     5     0     5
   6  SG HLDG                  -5%  2,10  2,10  2,10  2,20
                                              1     0     1     3
   7  住友ベークライト                -5%  4,35  4,35  4,35  4,56
                                              3     0     5     0
   8  日本電設工業                    -4%  1,73  1,73  1,73  1,81
                                              0     0     0     1
   9  図研                            -4%  3,44  3,44  3,44  3,58
                                              0     0     0     5
  10  イリソ電子工業                  -4%  4,00  4,00  4,00  4,16
                                              0     0     0     0
 

    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up