for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、再び2万6000円大台の攻防に

[東京 30日 ロイター] -

<10:35> 日経平均は下げ幅拡大、再び2万6000円大台の攻防に

日経平均は下げ幅を拡大している。週末で見送りムードが強い中で、まばらの売りに押され2万6000円台を割り込む場面もあった。再び大台の攻防となっている。東京エレクトロンなど半導体関連株のほか、ファーストリテイリングなど指数寄与度が大きい銘柄の値下がりが目立つ。

ただ、市場では「米株の下げは過剰反応だったと思う。日経平均の入れ替えに伴う売り買いが思惑視される日本にしても同じで、月末月初の需給面でのアヤが大きいのではないか」(大和証券・チーフテクニカルアナリストの木野内栄治氏)との声が聞かれた。

<09:05> 日経平均は反落、米ナスダック安嫌気され幅広く売られる

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比182円05銭安の2万6240円00銭と、反落してスタート。前日の米国株式市場、とりわけナスダックが下落したことが嫌気され、主力銘柄を中心に幅広く売られている。

個別では、ソニーグループが売り気配で始まったほか、東京エレクトロンなど半導体関連株が軟調な展開となっている。半面、2日連続でストップ高比例配分となったエーザイが続騰して始まった。

<08:25> 寄り前の板状況、トヨタ自動車など主力銘柄が売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、キーエンス、NTTなどの主力銘柄が売り優勢。指数寄与度の大きい東京エレクトロン、ファーストリテイリングなども売り優勢となっている。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

(

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up