for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、買い戻し活発 米金利低下を好感

       [東京 4日 ロイター] - 
  
    <15:10> 新興株はマザーズが続伸、買い戻し活発 米金利低下を好感
    新興株市場は、マザーズ総合が前営業日比3.25%高の724.16ポイントと、
続伸した。東証グロース市場指数は前営業日比3.26%高の920.47ポイントだっ
た。米長期金利の低下を好感する形で、新興株市場でも買い戻しの動きが活発になり、「
これまで売られていた銘柄ほど買いが入っている印象」(国内証券・ストラテジスト)と
の声が聞かれた。
    個別では、ANYCOLOR、ビジョナルが大きく上昇したほか、
マイクロ波化学はストップ高で取引を終えた。
    反面、グラッドキューブ、ラバブルマーケティンググループ、関通
は軟調に推移した。
    <14:00> 日経平均は日中高値圏でもみ合い、節目の2万7000円を意識
    後場の日経平均は、日中高値圏でもみ合う展開となっている。上げ幅を一段と広げ、
前営業日比約750円高の2万6900円台後半で推移している。全面高の流れが続いて
おり、東証33業種では全業種が値上がり。卸売業、鉱業、石油・石炭製品などの上昇が
目立っている。 
    一方、市場では「目先の日本株はまだ上昇余地があるものの、日経平均は昨日の安値
から1300円以上値上がりし、さすがに2万7000円手前で上値の重さも意識されて
いるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。
    個別では、値がさのソフトバンクグループが5%高と堅調。ファーストリテ
イリングは1.4%高、東京エレクトロンは2.5%高で推移している
。
    <12:55> 後場寄りの日経平均は上値追い、引き続き買い戻しが活発化
    後場寄りの日経平均は上値追いとなっている。2万6900円台で推移。前場の日中
高値を更新し、2万7000円に接近してきた。
    既に直近安値から1300円幅の上昇となっており「急な戻りで売り方が厳しい状況
に追い込まれ、引き続き買い戻しが活発化している。3月、6月に安値を形成した後の動
きに似て来た」(国内証券・ストラテジスト)という。
    物色面では全体的に底上げが進み、午後12時55分現在で、東証プライム市場の全
銘柄のうち97%が値上がりしている。
    <11:40> 前場の日経平均は続騰、米金利低下・株価上昇を好感して全面高
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比624円96銭高の2万6840円7
5銭と、続騰した。米国での長期金利の低下、株価の上昇を好感して全面高の展開となっ
た。買い戻しが活発化して戻りが加速、踏み上げ相場の印象が強い。上昇幅は前日比で一
時700円を超えた。
    3日の米国株式市場は、主要株価3指数が大幅高。予想を下回った製造業データを受
けて国債利回りが低下し、投資先としての株式の魅力が高まったことが上昇の背景にある
。さらに「英国が所得税の最高税率を引き下げる計画を撤回したことも、米国債利回り低
下につながり、投資家に安心感を与えた」(国内証券・トレーダー)という。
    北朝鮮によるミサイル発射問題がマイナス材料として浮上したが「株価に与えた影響
は限定的。きょうは完全に欧米の債券利回りの低下、それに伴う株価上昇を好感する一日
になりそうだ」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との指摘もあった。
    物色面では、前日の米国株式市場でフィラデルフィア半導体株指数(SOX)
が大幅高となったことを受けて半導体関連株がしっかり。これらは直近の全体的な下げを
リードしていただけに安心感を誘ったとの声が聞かれる。
    TOPIXは2.56%高で午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は1兆
5420億0700万円だった。東証33業種では全業種が上昇し、中でも卸売業の上げ
が目立つ。個別では、ファーストリテイリングなど指数寄与度が大きい銘柄が堅
調。ソニーグループなど主力銘柄も総じて高い。
    プライム市場の騰落数は、値上がり1768銘柄(96%)に対し、値下がりが55
銘柄(3%)、変わらずが13銘柄(0%)だった。
    <10:55> 日経平均は上値追い、踏み上げ相場 2万7000円視界に
    日経平均は上値追いの展開となっている。上げに弾みが付いたことで買い戻しが活発
化、さらに上がるという好循環で、踏み上げ相場の様相を呈してきた。700円を超す上
昇で2万6900円台の動きになり、2万7000円が視界に入っている。
    市場では「自律反発は予想されたものの、想定外の上昇で慌てて買い戻す動きが出た
ようだ。3月と6月の急落相場後のような、スピード感のある戻りが期待できるようにな
っている」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。
    <10:12> 日経平均は600円超高、全面高の商状 値がさ株が指数押し上げ
    日経平均は上げ幅を拡大し、600円超高となった。市場では「これまで大きく売ら
れていた銘柄を中心に買い戻されている」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれ
る。プライム市場の値上がり銘柄は97%で全面高の商状となっている。
    指数寄与度ではファーストリテイリングがトップ。東京エレクトロン<8035.
T>、ソフトバンクグループと続いており、3銘柄で130円程度、指数を押し上
げている。
    米フィラデルフィア半導体指数(SOX)指数が大幅高となったことを受け、値がさ
のハイテク株が軒並み高。9月の既存店売上高が堅調だった百貨店株も物色されている。
    東証33業種では、海運業を除く32業種が値上がり。原油高となる中で、鉱業や卸
売業が値上がり率上位となっている。
    <09:04> 日経平均は大幅続伸でスタート、米長期金利低下を好感 主力株の
買い先行
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比437円70銭高の2万6653
円49銭と、大幅に続伸してスタートした。前日の米国市場で長期金利が低下し株高とな
った流れを受け、買いが先行した。寄り付き後も上値を伸ばし、一時500円超高となっ
た。
    主力株ではトヨタ自動車やソニーグループが大幅高。東京エレクト
ロンなど半導体関連も総じて高い。指数寄与度の高いファーストリテイリング<9
983.T>、ソフトバンクグループも堅調に推移している。
    <08:35> 寄り前の板状況、秋田銀行が買い優勢 象印マホービンは売り優勢
 
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    買い優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  秋田銀行                        25%  1,99  1,99  1,99  1,59
                                              7     7     7     7
   2  あいちFG                      25%  1,99  1,99  1,99  1,60
                                              8     7     8     3
   3  長谷川香料                      23%  3,78  3,78  3,78  3,08
                                              5     5     5     5
   4  ミスミグループ本社              22%  3,90  3,90  3,90  3,20
                                              0     0     0     0
   5  日本酸素HD                    21%  2,78  2,77  2,78  2,30
                                              0     9     0     5
   6  パーソルHLDG                18%  3,23  3,23  3,23  2,73
                                              5     5     5     2
   7  日産化学                        15%  7,46  7,45  7,45  6,47
                                              5     0     0     0
   8  HOYA                        15%  15,9  15,8  15,8  13,8
                                             98    00    00    90
   9  TIS                          14%  4,42  4,42  4,42  3,86
                                              3     5     5     5
  10  朝日インテック                  12%  2,65  2,64  2,65  2,36
                                              0     9     0     1
    売り優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  象印マホービン                 -11%  1,41  1,42  1,42  1,57
                                              3     1     2     9
   2  ダイセキ環境ソリューション <1  -10%   764   763   764   848
      712.T>                                                 
   3  Gunosy                    -6%   701   700   701   743
   4  武蔵精密工業                    -5%  1,53  1,53  1,53  1,61
                                              2     1     2     7
   5  ネクシィーズグループ            -5%   638   637   638   669
   6  東邦HLDG                    -5%  1,81  1,81  1,81  1,90
                                              6     5     6     2
   7  アドウェイズ                    -5%   705   704   705   738
   8  日本精化                        -4%  1,82  1,82  1,82  1,90
                                              3     2     3     3
   9  ネクステージ                    -4%  3,15  3,15  3,15  3,29
                                              3     0     5     0
  10  ホソカワミクロン                -4%  2,40  2,40  2,40  2,49
                                              1     1     1     8
    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up