for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、75日線を上値メドとして意識

       [東京 28日 ロイター] - 
  
    <15:32> 日経平均・日足は「十字線」、75日線を上値メドとして意識
    日経平均・日足は上と下に長いヒゲを伴う「十字線」で、「足長クロス」の形となっ
た。買い手の心理としては気迷いを示唆しているほか、相場の転換点が近いことを暗示し
ている。終値は2万7105円20銭だった。
    5日移動平均線(2万7221円49銭=28日)が緩やかながら上を向いており、
短期的には上昇基調も見込めそうだ。一方、目先は75日線(2万7550円66銭=同
)が上値メドとして意識され、同水準を超えることができるか注目される。
    <15:10> 新興株はマザーズが小幅続落、グロース株が軟調
    新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.28%安の745.73ポイントと
小幅に続落した。グロース市場指数は0.26%安の948.14ポイントだった。前日
の米株市場でナスダック総合が下落したことを嫌気して、グロース(成長)株が
軟調に推移した。また、新規IPO銘柄は利益確定の売りが優勢となった。
    個別では、坪田ラボ、プレイド、マクアケなどが軟調だっ
た。
    バンク・オブ・イノベーション、FRONTEO、ティーケーピー
は堅調に推移した。
    きょうグロース市場に新規上場したpluszeroは初値が付かず、差し
引き約20万株の買い気配で取引を終えた。
    <13:27> 後場の日経平均は軟調、日銀会合への反応は限定的
    後場に入り日経平均は軟調な展開で、足元は前営業日比約170円安の2万7100
円台半ばで推移している。日銀が金融政策決定会合の結果を公表したが、「市場の予想通
り現状の政策維持が決定され、株式市場への影響は限定的となっている」(国内証券・ス
トラテジスト)という。
    黒田東彦日銀総裁の記者会見では「急速に進む円安に対してどのような発言をするの
か注目」(同)されている。
    東証33業種では、輸送用機器、保険業、陸運業など14業種が値上がり。反面、海
運業、精密機器、鉱業など19業種は値下がりしている。
    <11:45> 前場の日経平均は続落、ナスダック安を嫌気 徐々に底堅さ増す
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比97円04銭安の2万7248円20
銭と続落して前引けた。前日の米ナスダックの下落を嫌気し売り優勢で始まったものの、
国内企業の好決算を支えに次第に下げ渋り、徐々に底堅さを増している。
    27日の米国株式市場は、ハイテク株などが多いナスダック総合とS&P総
合500種が下落。ダウ工業株30種は工業株に支えられ、プラ
ス圏で終了した。日本株も下げて始まったものの、売り一巡後は下げ渋り、中盤は戻り歩
調となった。
    引き戻した理由として、国内企業の決算が比較的好調であることが挙げられている。
大和証券・チーフテクニカルアナリストの木野内栄治氏は「米大手ハイテクでGAFAM
のうち、アップル以外の業績が悪化した4社は、日本の産業に及ぼす影響は小さい」とし
た上で「国内企業好決算が続けば、日本株が見直される可能性は十分」と指摘した。
    一方、きょうは週末で参加者が少ない上に、来週に行われる米連邦公開市場委員会(
FOMC)を意識し、後場は取引が見送られる公算が大きい。市場では「2万7000円
以下は底堅さが確認されたが、2万7500円を超えると戻り売りが活発化する可能性が
あるため、ここから動きが重くなるかもしれない」(雨宮総研・代表の雨宮京子氏)との
声も聞かれる。
    TOPIXは0.14%高で午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は1兆
5994億8800万円だった。東証33業種では、海運業、精密機器、鉱業などが値下
がりし、陸運業、保険業、輸送用機器などが高い。
    個別では、ファナックが下方修正の発表を嫌気し大幅安となったほか、東京
エレクトロン、ファーストリテイリングなどもさえない。半面、イビデ
ンが買われ、トヨタ自動車も堅調に推移した。
    プライム市場の騰落数は、値上がり980銘柄(52%)に対し、値下がりが781
銘柄(42%)、変わらずが93銘柄(5%)だった。
    <10:30> 日経平均は下げ渋り、国内の良好な決算が株価を下支え
    日経平均は下げ渋っている。寄り付き直後は米ナスダック安を嫌気し幅広く売られ、
一時2万7000円を割り込んだものの、すかさず回復して戻り歩調になった。「イビデ
ンなどの半導体関連株をはじめ、国内企業の決算に良好だったものが多く、株価
を下支えしている」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)という。
    ただ、週末であるため薄商い。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、模
様眺めとなる可能性が高いため、徐々に株価の動きが鈍くなりそうだ。市場では「FOM
Cで将来的な緩和姿勢が示される可能性があるが、あまりにも米大手ハイテク企業の決算
内容が悪過ぎる。目先はこれが株価を抑える要因になりそうだ」(三菱UFJモルガン・
スタンレー証券・チーフ投資ストラテジストの藤戸則弘氏)との声が聞かれた。
    <09:05> 日経平均は続落、米ナスダック安を嫌気 物色面は決算で明暗
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比247円86銭安の2万7097
円38銭と、続落してスタート。前日の米国株式市場でナスダックが安かったことが嫌気
され、全体的に売り優勢の展開となっている。
    上半期の決算発表が相次いでいることで、物色面ではその内容によって明暗が分かれ
る展開。上方修正した信越化学工業は、前日の米株市場でフィラデルフィア半導
体株指数が下落したのにもかかわらず堅調となる一方、下方修正したファナック
は売り気配で始まった。
    <08:24> 寄り前の板状況、アレンザHDは買い優勢 ベイカレントは売り優
勢
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    買い優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  アレンザHLDG                16%  1,07  1,07  1,07   927
                                              7     7     7  
   2  高砂熱学工業                    10%  1,98  1,98  1,98  1,79
                                              0     0     0     8
   3  山洋電気                        10%  5,49  5,49  5,50  5,01
                                              5     0     0     0
   4  アルプス物流                     8%  1,14  1,14  1,14  1,05
                                              0     0     0     5
   5  パーソルHLDG                 7%  3,19  3,19  3,20  2,98
                                              8     5     0     4
   6  東邦チタニウム                   6%  2,24  2,24  2,24  2,11
                                              8     7     8     4
   7  ペガサスミシン製造               6%   949   948   949   895
   8  スターツコーポレーション <885    6%  2,71  2,71  2,71  2,56
      0.T>                                    5     4     5     6
   9  七十七銀行                       6%  1,88  1,87  1,88  1,78
                                              0     9     0     0
  10  大日精化工業                     5%  1,83  1,83  1,83  1,73
                                              1     1     1     7
    売り優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  ベイカレント・コンサルティン   -90%  4,08  4,08  4,08  40,3
      グ                                      3     0     5    50
   2  グッドコムアセット             -52%   747   746   747  1,55
                                                                7
   3  泉州電業                       -51%  2,67  2,67  2,67  5,45
                                              7     7     7     0
   4  ブラザー工業                   -20%  1,99  1,99  1,99  2,49
                                              2     2     2     2
   5  日本ハウスHLDG             -19%   386   386   386   476
   6  PHCHLDG                 -14%  1,30  1,30  1,30  1,51
                                              1     0     1     2
   7  大塚商会                       -13%  4,10  4,10  4,10  4,70
                                              0     0     0     5
   8  新光電気工業                   -11%  3,02  3,02  3,02  3,40
                                              3     0     5     5
   9  ユー・エス・エス               -10%  2,00  2,00  2,00  2,22
                                              2     1     2     9
  10  ヤマトHLDG                 -10%  1,96  1,95  1,96  2,17
                                              0     9     0     7
    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up