for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前引けから下げ縮小、中国コロナ規制緩和への思惑も

       [東京 29日 ロイター] -   
    <13:35> 日経平均は前引けから下げ縮小、中国コロナ規制緩和への思惑も
    日経平均は午後もマイナス圏での推移となっているが、前引け時点により徐々に下げ
幅を縮小している。
    中国当局がコロナ防疫措置についての記者会見を開く予定で、「ゼロコロナ規制の緩
和への思惑もありそうだ」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。
    値がさの半導体関連や電子部品の下落が重しの一方、ANAホールディングス<9202.
T>など空運やJR東海などの陸運、百貨店などインバウンド関連がしっかりとな
っている。
    <11:47> 前場の日経平均は3日続落、ハイテク銘柄の下落が重し
    前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比163円01銭安の2万7999円8
2銭と、3日続落した。前日の米株安を嫌気する形で日経平均は軟調な展開が続いた。特
に半導体関連や電子部品関連などハイテク銘柄の下落が目立ち、重しとなった。一方、内
需株は底堅さもみられ、相場を下支えした。
    前日の米株市場では主要3指数がそろって下落。この流れを引き継いで、日本株は寄
り付きから170円安と、売り先行でスタートした。28日の米市場でアップル
が大幅安となったことを嫌気して、関連銘柄で売りが広がった。
    日経平均は一時、前営業日比約260円安の2万7899円98銭まで下落したが、
前場引けにかけては下げ幅が縮小。中国でゼロコロナ政策に対する反発が強まっており、
アジア株の動向に注目が集まっていたが、アジア株がプラス圏で底堅い展開となったこと
が日本株を下支えした。
    物色動向としては、インバウンドの回復期待が根強く、陸運株、空運株など内需株が
しっかりだった。
    市場では、中国発のリスクへの警戒感が高まっているとの見方がある。きょうの東京
市場では、アップル関連銘柄とされる村田製作所、太陽誘電などが下落
したが、「今後の中国の動向次第ではファナックやオムロンなど、中国
への設備投資が大きい企業群で売り圧力が強まる可能性もある」(国内運用会社・ポート
フォリオマネージャー)との声が聞かれた。
    一方、マーケット参加者の関心は引き続き米金融政策動向に集まっている。T&Dア
セットマネジメントのチーフ・ストラテジスト兼ファンドマネージャー・浪岡宏氏は、前
回の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨からはハト派的な印象があった一方、足
元の米連邦準備理事会(FRB)高官発言はタカ派的な内容が確認されるとして、「米金
融政策の先行きが読みづらくなっている」と指摘。米国時間の30日に控えるパウエルF
RB議長の講演での発言が注目されるという。
    目先の日経平均については来月のFOMCまで方向感が出づらく、「足元は2万80
00円台で様子見ムードが続きそうだ」と、浪岡氏は話した。
    TOPIXは0.61%安の1992.23ポイントで午前の取引を終了。東証プラ
イム市場の売買代金は1兆3603億2400万円だった。東証33業種では、保険業、
銀行業、空運業など6業種が値上がり。金属製品、輸送用機器、機械など27業種は値下
がりした。
    個別では、エーザイが9%安と急落。同社が米医薬品バイオジェン
と共同開発するアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」の治験で2例目の死亡が報告され
たとのリポートをサイエンス誌が掲載し、嫌気された。
    東証プライム市場の騰落数は、値上がりが433銘柄(23%)、値下がりが133
8銘柄(72%)、変わらずが64銘柄(3%)だった。
    <10:38> 日経平均は下げ幅縮小、内需株が下支え 空運など底堅い
    日経平均は下げ幅を縮小し、前営業日比約130円安の2万8000円付近で推移し
ている。空運業、陸運業、保険業など内需株の一角が上昇に転じ、相場を下支えしている
。グローバル景気に敏感な銘柄が売られる一方で、「長期的にみたインバウンドの回復期
待から、内需株は底堅い」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 
    テクニカル面では「25日移動平均線(2万7750円93銭=現在)が下値を支え
るとみられ、同水準を割り込む可能性は低い」(同)という。
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続落、米株安を嫌気 ハイテク銘柄軟調
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比171円33銭安の2万7991
円50銭と、続落してスタートした。その後も下げ幅を広げ、200円超安となっている
。前日の米株安の流れを引き継いで幅広い業種で売りが先行し、特に半導体関連株や電子
部品関連銘柄の売り圧力が強まっている。
    個別では、東京エレクトロン、アドバンテスト、村田製作所<6981.
T>がそれぞれ1%超安。主力のトヨタ自動車、ソニーグループも値下が
りしている。
    東証33業種では全業種が下落。金属製品、機械、電気機器などの下げが目立ってい
る。
    <08:20> 寄り前の板状況、日医工は買い優勢 スター・マイカ・HDは売り
優勢
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    買い優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  日医工                          27%   134   133   134   105
   2  ファーマライズホールディング    15%   760   760   760   660
      ス                                                     
   3  アイシン                        11%  4,22  4,22  4,23  3,79
                                              8     5     0     5
   4  ストライク                      10%  5,01  5,01  5,02  4,55
                                              5     0     0     5
   5  SBテクノロジー                 5%  2,15  2,15  2,15  2,04
                                              5     4     5     6
   6  ツバキ・ナカシマ                 5%  1,08  1,07  1,08  1,03
                                              0     9     0     2
   7  JBCC HLDG               4%  1,99  1,99  1,99  1,91
                                              7     7     7     3
   8  大日精化工業                     4%  1,81  1,81  1,81  1,73
                                              0     0     0     4
   9  ネットプロテクションズHLD     4%   527   526   527   505
      G                                                     
  10  マーケットエンタープライズ <3    4%  1,06  1,06  1,06  1,02
      135.T>                                  5     4     5     3
    売り優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  スター・マイカ・HLDG <297  -48%   785   785   785  1,51
      5.T>                                                      8
   2  大阪有機化学工業               -24%  1,63  1,63  1,63  2,16
                                              5     4     5     0
   3  ニイタカ                       -24%  1,66  1,66  1,66  2,19
                                              4     4     4     6
   4  ジャステック                   -14%  1,06  1,06  1,06  1,23
                                              1     0     1     9
   5  多木化学                       -10%  5,22  5,22  5,22  5,81
                                              0     0     0     0
   6  パーソルHLDG                -8%  2,89  2,89  2,89  3,16
                                              2     1     2     0
   7  T&D HLDG                -7%  1,50  1,50  1,50  1,62
                                              3     2     3     2
   8  クレディセゾン                  -7%  1,65  1,65  1,65  1,77
                                              4     3     4     3
   9  ファーストブラザーズ            -7%   831   830   831   890
  10  リンナイ                        -7%  9,80  9,80  9,80  10,4
                                              0     0     0    90
    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up