March 12, 2018 / 2:52 AM / in 3 months

前場の日経平均は3日続伸、上げ幅一時500円超 米雇用統計を好感

[東京 12日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比368円26銭高の2万1837円46銭となり、3日続伸した。前週末に発表された米雇用統計でインフレ懸念が緩和。米国株が大幅高となったことを受け、序盤から幅広く買いが優勢となった。上げ幅は一時500円を超え、2万2000円に接近したが、為替がドル安・円高に振れると戻り売りに押された。

 3月12日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比368円26銭高の2万1837円46銭となり、3日続伸した。写真は都内で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

TOPIXは前週末比1.43%高で午前の取引を終了。東証1部の午前の売買代金は1兆1856億円だった。東証33業種全てが上昇。値上がり率トップはゴム製品で、機械がこれに続いた。食料品や水産・農林など内需セクターの一角は指数をアンダーパフォームした。

米2月雇用統計は非農業部門の就業者数が1年7カ月ぶりの大幅な増加となった一方で、賃金の伸びは勢いが減速した。一方で、国内では学校法人「森友学園」への国有地取引を巡り、財務省が決裁文書の書き換えを認める方針であることが判明した。

市場では「(財務省の文書書き換え問題は)目先の不透明要因にはなるが、米国ではインフレが加速しない程度の景気拡大が続きそうだ。日本株の戻り基調には変化がないだろう」(三菱UFJ国際投信・チーフストラテジストの石金淳氏)との声が出ていた。

ファナック(6954.T)、東京エレクトロン(8035.T)、ファーストリテイリング(9983.T)など値がさ株がしっかり。日経平均は1.72%高で前引けとなった。日経平均をTOPIXで割ったNT倍率.NTIDXは一時12.59まで上昇。取引時間中としては2月6日以来の高水準を付けた。

東証1部の騰落数は、値上がり1681銘柄に対し、値下がりが321銘柄、変わらずが67銘柄だった。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below