April 13, 2018 / 2:58 AM / 5 months ago

前場の日経平均は3日ぶり反発、一時250円超高 シリア懸念が後退

[東京 13日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比111円41銭高の2万1771円69銭となり、3日ぶりに反発した。シリア情勢を巡る市場の警戒が和らいだことで、前日の米国株は上昇。トランプ米大統領がTPP(環太平洋連携協定)の復帰検討を指示したことが明らかとなったことで、米国の保護主義姿勢への懸念も後退し、景気敏感株に買い戻しが入った。上げ幅は一時250円を超えたが、高値圏では戻り売りに押され伸び悩んだ。

 4月13日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比111円41銭高の2万1771円69銭となり、3日ぶりに反発した。写真は東京証券取引所で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

TOPIXは前日比0.41%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は1兆2939億円だった。東証33業種中、上昇率トップは海運。金融セクターや非鉄、鉄鋼の上げが目立った。半面、サービス、小売など内需セクターは下落した。

前日に2018年8月期の業績予想を上方修正したファーストリテイリング(9983.T)が堅調。前引け時点の日経平均を約23円押し上げる要因となった。一方、19年2月期が14.7%の営業増益となる見通しと自社株買いを発表した安川電機(6506.T)は買い先行後、下げに転じた。同社は想定為替レートを1ドル105円に設定している。

日経平均ボラティリティ―指数.JNIVは取引時間中としては今年2月2日以来、2カ月ぶりの水準まで低下した。

水戸証券投資顧問部チーフファンドマネージャーの酒井一氏は「海外投資家が買い越しに転じているうえ、投機筋の円ショートのポジションの巻き戻しも進んだ。ドル指数.DXYは保護主義が懸念されながらも2月以降、安値を切り上げている」と指摘。「過度のドル安懸念自体は収まりつつある。日本株にとってはいいエントリーポイントだろう」とみる。

東証1部の騰落数は、値上がり1150銘柄に対し、値下がりが848銘柄、変わらずが84銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below