August 14, 2019 / 3:20 AM / 5 days ago

前場の日経平均は反発、米株高受け上昇後は小動き

 8月14日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比129円46銭高の2万0584円90銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比129円46銭高の2万0584円90銭となり、反発した。前日の米国株高が好感されたほか、外為市場でドル/円相場が、106円台後半まで円安となったことが好感され、先物主導で上昇した。ただ、買いが一巡した後は模様眺めとなり、薄商いの中、プラス圏での小動きとなった。

米通商代表部(USTR)は13日、9月1日に発動予定の中国製品に対する10%の追加関税のうち、ノートパソコンや携帯電話など一部製品への発動を延期すると発表。これを受けて米国株式市場は主要3指数が上昇したほか、ニューヨーク外為市場でドル/円は一時106.97円まで円安に振れた。

また、寄り前に内閣府が発表した6月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比13.9%増とロイターの事前予測調査の予想である前月比1.3%減を上回ったことも注目された。

これらを受けて朝方は、先物市場でショートカバーが活発化。輸出関連株のほか、ファーストリテイリング(9983.T)など指数寄与度が高い銘柄が買い優勢でスタート。東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏は「立ち合い中に、さらに円安が進むなどすれば、先物主導で上値を追う可能性もある」と指摘していた。

ただ、ドル/円相場も大きく振れず、「香港のデモなど地政学リスクもある。材料不足でリスクオフトレンドの転換には至らない」(国内証券)といった声もあり、買い一巡後、株価全般は伸び悩んだ。

個別では、トヨタ自動車(7203.T)をはじめ輸出関連株に高い銘柄が目立つほか、オークマ(6103.T)、アマダホールディングス(6113.T)、ファナック(6954.T)など機械株がしっかり。業種別株価指数では、不動産業、電気・ガス業、陸運業など内需関連が下げたものの、他は総じて高い。TOPIXは0.52%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9131億円と1兆円を割り込んだ。

東証1部の騰落数は、値上がりが1461銘柄に対し、値下がりが607銘柄、変わらずが79銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below