July 18, 2018 / 2:54 AM / 5 months ago

前場の日経平均は4日続伸、円安好感で輸出株買われる

 7月18日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比223円84銭高の2万2921円20銭となり、4日続伸した。写真は東京証券取引所で2015年8月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比223円84銭高の2万2921円20銭となり、4日続伸した。外為市場で1ドル113円台と、半年ぶりの円安水準を付けたことを受け、自動車、ハイテクなどの主力輸出株に買いが先行した。上海総合指数など中国株の上昇も支えになった。日経平均の上げ幅は一時250円を超えたが、直近の上昇ピッチが速いため過熱感も意識され、前場後半は高値圏でもみあった。

TOPIXは0.74%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は1兆1077億円だった。セクター別では石油・石炭、ゴム製品が高く、水産・農林、空運もしっかり。半面、鉱業、その他製品、食料品は軟調だった。市場では「米景況感に強気の見方が台頭する中で、ドルが113円台を付けたことで輸出企業の業績上振れに期待が高まった。だが、日経平均が2万3000円を上抜くにはボリューム不足の感も否めない」(サクソバンク証券チーフマーケットアナリストの倉持宏朗氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1627銘柄に対し、値下がりが417銘柄、変わらずが57銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below