May 20, 2019 / 3:00 AM / a month ago

日経平均は続伸、GDPプラス成長に反応 朝高後伸び悩む

 5月20日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円75銭高の2万1307円84銭となり、続伸した。写真は東京証券取引所で2015年3月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 20日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比57円75銭高の2万1307円84銭となり、続伸した。寄り付き前に発表された1─3月期実質国内総生産(GDP)が予想に反してプラス成長となったことに反応し買いが先行。一時179円高まで上昇したが、GDPの内容について、内需が弱いなど表面的な数値ほど良くないとの見方が広がり、上げ幅を縮めた。東京エレクトロン(8035.T)などのハイテク株安も相場の重しになった。

TOPIXは0.06%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9708億円と低調だった。東証33業種では、水産・農林、不動産、陸運、その他製品などが値上がり率上位に並んだ。半面、鉄鋼、電気機器、機械などの下げが目立った。市場では「日本株は引き続き売られ過ぎの水準であり、優良株の一角には見直し買いが入っているものの、中東情勢の緊迫化なども意識され上値は重い」(KHアセットアドバイザー・チーフストラテジストの中島肇氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり758銘柄に対し、値下がりが1284銘柄、変わらずが98銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below