May 22, 2018 / 3:11 AM / 7 months ago

前場の日経平均は小反落、2万3000円近辺でもみあい継続

 5月22日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比1円65銭安の2万3000円72銭となり、4日ぶりの小反落となった。写真は都内で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比1円65銭安の2万3000円72銭となり、4日ぶりの小反落となった。米中貿易戦争の懸念後退で前日の米国株は上昇したが、先行して織り込んだ日本株に対しては、為替が1ドル110円台後半とやや円高に振れたことが重しとなった。ただ売り込む動きも限定的で、日経平均は2万3000円近辺でのもみあいを続けた。

TOPIXは0.20%安で午前の取引を終了。下落率は日経平均(0.01%)を上回った。日経平均をTOPIXで割ったNT倍率.NTIDXは一時12.72まで上昇。取引時間中としては昨年12月1日以来の高水準を付けた。また日経平均ボラティリティー指数.JNIVは一時14.06ポイントまで下落し、年初来安値を更新している。

東証1部の前場の売買代金は1兆0653億円だった。セクター別では不動産、卸売、陸運がしっかり。鉱業、保険、金属製品の下げが目立った。中期経営計画を発表したソニー(6758.T)は一時3%を超す下げとなったものの、前引けにかけては押し目買いで下げ渋る動きをみせた。

いちよし証券・投資情報部課長の及川敬司氏は「企業の決算発表が一巡し、米中通商問題も目先は懸念が後退した形となっている。次の材料待ちの状況」と指摘。一方、「金利上昇の中でも米国株が上昇しており、これが日本株の下支えになっている」とみる。

東証1部の騰落数は、値上がり758銘柄に対し、値下がりが1213銘柄、変わらずが111銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below