January 25, 2018 / 3:02 AM / in 7 months

前場の日経平均は続落、米財務長官発言受けたドル安・円高が重し

[東京 25日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比217円18銭安の2万3723円60銭となり、続落した。

 1月25日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比217円18銭安の2万3723円60銭となり、続落した。写真は東京証券取引所で2015年3月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

朝方の日経平均株価は、前営業日比190円13銭安の2万3750円65銭となる続落で寄り付いた。ムニューシン米財務長官がドル安を歓迎する姿勢を示したことに伴うドル安・円高の進行を受け、主力株は総じて軟調な滑り出しとなった。

日本企業は四半期決算発表が本格化しており「来期の見通しが気にされる中で、ドル安・円高という為替のノイズが入った。企業によっては、今期が良ければ良いほど、来期の減益見通しにつながりかねない」(内藤証券の投資調査部長、田部井美彦氏)との声が出ていた。

TOPIXは0.69%安。東証1部の午前中の売買代金は1兆5314億円だった。東証33業種のうち、上昇したのは石油・石炭製品と鉱業の2業種のみ。下落率上位には空運、銀行、証券などが入った。

東証1部の騰落数は、値上がり550銘柄に対し、値下がりが1423銘柄、変わら ずが89銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below