August 29, 2018 / 3:12 AM / 23 days ago

前場の日経平均は7日続伸、米株高継続で安心感

[東京 29日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比154円71銭高の2万2968円18銭となり、7日続伸した。前日の米国市場でナスダック総合とS&P総合500が連日最高値を更新。米国株の上昇を支えとした買いが先行した。半導体関連株や自動車株が物色され、日経平均はジリ高歩調となった。ファーストリテイリング(9983.T)など8月期決算企業の配当権利落ちに伴う下落をこなし、前場は高値引けだった。

 8月29日、前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比154円71銭高の2万2968円18銭となり、7日続伸した。写真は都内にある証券会社の株価ボード前で2016年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

TOPIXは前日比0.74%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は8681億円と低調だった。セクター別では海運、非鉄金属、精密、銀行が上昇率上位にランクイン。下落は小売、建設の2業種のみだった。市場では「米国株にけん引される形で地合いが好転している。自律的な上昇ではないが、下落に備えていた投資家多かった半面、株価上振れに対するヘッジは少なく、相場の意外な強さにつながっている」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1608銘柄に対し、値下がりが413銘柄、変わらずが73銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below