October 30, 2019 / 3:12 AM / 22 days ago

前場の日経平均は反落、イベント控えポジション調整の売り

 10月30日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日81円38銭安の2万2892円75銭となり、反落した。写真は東京証券取引所で2016年2月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日81円38銭安の2万2892円75銭となり、反落した。前日の取引で約1年ぶりに2万3000円台に乗せたことによる利益確定や、日米金融政策イベントを前にしたポジション調整の売りが出た。

前日の米国株式市場は、米中通商協議の行方をにらみながら、強弱まちまちの企業決算内容を消化する展開となり、ダウ工業30種、S&P総合500種指数.SPXはともに小幅安となった。

日経平均は反落スタート。市場からは「米中貿易協議の合意文書署名がアジア太平洋経済協力会議(APEC)までに間に合わない可能性が出てきたこと、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちのムードが上値を重くしている」(国内銀行系証券)との声も出ていた。

TOPIXは0.03%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1274億円だった。東証33業種では精密機器、証券、医薬品などが値上がり。医薬品は、前日好決算を発表し、米国株市場でファイザー(PFE.N)とメルク(MRK.N)が上昇した流れを引き継いだ。

個別銘柄では、ケーヒン(7251.T)、日信工業(7230.T)、ショーワ(7274.T)が急騰、東証1部の値上がり率上位を占めた。日立製作所(6501.T)とホンダ(7267.T)が、傘下の自動車部品メーカー計4社を合併させる方針を固めたとの報道が材料視された。

東証1部の騰落数は、値上がりが841銘柄に対し、値下がりが1204銘柄、変わらずが106銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below