for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場の日経平均は続落、値がさ株に買い戻しも

 7月31日、前場の東京株式市場で、日経平均は前日比68円12銭安の2万2476円72銭となり、続落した。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前日比68円12銭安の2万2476円72銭となり、続落した。朝方は米国株安の流れを引き継ぐ形で売り先行となり、一時200円近い下げとなったが、その後は日銀金融政策決定会合を前に買い戻しが入った。

TOPIXは前日比0.88%安。東証1部の売買代金は1兆2649億円。セクター別では鉱業、ゴム製品、海運業、ガラス・土石製品以外の広範な業種が売られた。その他金融業、電気・ガス業、空運業などが値下がり率上位にランクインした。

市場からは「日銀イベントを通過するまで動きようがないが、ファーストリテ9983.T、ファナック6954.T、東京エレクトロン8035.Tなど今まで売られていた値がさ株は買い戻されている」(東洋証券のストラテジスト、大塚竜太氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり414銘柄に対し、値下がり1607銘柄、変わらずが81銘柄だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up