September 4, 2018 / 3:18 AM / 22 days ago

前場の日経平均は小幅続落、材料不足で方向感欠く

[東京 4日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比10円30銭安の2万2697円08銭となり、小幅に3日続落した。前日の米国株市場が休場で手掛かり材料に欠ける中、為替に連動した先物売買が中心となり、方向感なく上下した。米中貿易摩擦や新興国情勢が心理的な重しとなる一方、足元の企業業績や需給は良好との見方も多く、下値を売る動きは限定的だった。

 9月4日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比10円30銭安の2万2697円08銭となり、小幅に3日続落した。写真は東京証券取引所で2015年12月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

TOPIXは前日比0.04%高で午前の取引を終えた。東証1部の前場の売買代金は8352億円と低調だった。業種別では空運、ゴム製品、鉱業、輸送用機器などが安い。一方、パルプ・紙、証券、金属製品などは堅調だった。市場では「方向感を見極める局面だが、9月中間決算に向けて業績の上振れ期待は高まってくる。好業績銘柄の押し目を買う好機ではある」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1087銘柄に対し、値下がりが900銘柄、変わらずが117銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below