Reuters logo
前場の日経平均は続落、米ハイテク株安が波及
December 5, 2017 / 3:24 AM / 10 days ago

前場の日経平均は続落、米ハイテク株安が波及

[東京 5日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比95円55銭安の2万2611円61銭となり、続落した。米ハイテク株安の流れが東京市場にも波及し、朝方から半導体・ハイテク関連銘柄に幅広く売りが先行。ロシアゲート関連の報道で円相場が若干強含んだことも重しとなり、下げ幅は一時180円を超えた。売り一巡後は良好なファンダメンタルズを背景とする押し目買いや日銀によるETF(上場投信)買い期待で下げ幅を縮小させる展開だった。

 12月5日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比95円55銭安の2万2611円61銭となり、続落した。写真は東京証券取引所で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

    TOPIXは0.11%安で午前の取引を終了。前場の東証1部の売買代金は1兆2635億円だった。東京エレクトロン(8035.T)、村田製作所(6981.T)などハイテク株の下げが目立つ半面、鉄鋼、小売、銀行などの業種がしっかりだった。市場では「出遅れ業種には資金が入っているが、ボラティリティーの拡大が予想されるメジャーSQ(特別清算指数)算出の週であり、積極的にリスクを取る動きはみられない」(日本アジア証券エクイティ・ストラテジストの清水三津雄氏)との声が出ていた。

    東証1部の騰落数は、値上がり727銘柄に対し、値下がりが1220銘柄、変わらずが94銘柄だった。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below