July 6, 2018 / 2:57 AM / 2 months ago

前場の日経平均は反発、米国の対中関税発動控え上値には慎重

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比144円90銭高の2万1691円89銭となり、反発した。米株高の流れを引き継ぎ、直近売り込まれた景気敏感株などに買い戻しが先行した。ヘッジファンドによる先物売りポジションの巻き戻しなども入り、上げ幅は一時250円近くに達したが、米国による対中追加関税の発動(日本時間午後1時01分)を控え、上値を買い上がる動きはみられず、前場後半は伸び悩んだ。

 7月6日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比144円90銭高の2万1691円89銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で2015年8月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

TOPIXは前日比0.72%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は1兆0614億円だった。業種別では、医薬品、鉄鋼、卸売業が上昇率上位に並んだ。一方、石油・石炭製品、その他製品、サービスなどは軟調だった。市場では「米中貿易摩擦での悲観的な見方が先行し、すでに海外勢や個人のキャッシュポジションは高めになっている。貿易戦争にまで発展しないことが確認されれば、戻り余地は大きい」(アイザワ証券日本株ストラテジストの清水三津雄氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1494銘柄に対し、値下がりが520銘柄、変わらずが81銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below