November 6, 2018 / 2:50 AM / 15 days ago

前場の日経平均は反発、上げ幅200円超 アップル関連株は弱含み

 11月6日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比222円82銭高の2万2121円81銭となり、反発した。写真は東京証券と非力所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比222円82銭高の2万2121円81銭となり、反発した。米国株や為替の落ち着きを支えとした買いが入り、上げ幅は200円を超えた。アップル(AAPL.O)が台湾メーカーに新型スマートフォンの増産中止を要請したと報じられ、電子部品株に売りが出た。ただトヨタ(7203.T)の中間決算や米中間選挙の結果を見極めたいとの姿勢は強く、指数は高値圏でもみあいを続けた。

TOPIXは前日比1.08%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は1兆0813億円だった。東証33業種中、値下がりしたのは空運のみ。石油・石炭や鉄鋼、医薬品が値上がり率上位にランクインした。個別ではジャパンディスプレイ(6740.T)、TDK(6762.T)、日東電工(6988.T)などアップル関連株の一角が逆行安となっている。

また前日に9月中間決算を発表したソフトバンクグループ(9984.T)は買い先行後下げに転じた。同社が5日発表した2018年4─9月期決算(国際会計基準)は、営業利益が前年比1.6倍の1兆4207億円に拡大。だが「ファンドで稼ぐ構図となっている。サウジアラビア情勢の不透明感もあり、ファンドの先行きは楽観視しにくい」(国内証券)との声もあり、戻り売りに押された。

アイザワ証券・投資顧問室ファンドマネージャーの三井郁男氏は全体相場について「イベント通過後は短期的に買いやすくなるとの見方はあるが、貿易摩擦に伴う企業業績への中期的な悪影響をマーケットは気にしている」と指摘。「下期の見通しに慎重な企業が多い。業績のビジビリティー(視認性)が高い銘柄に資金が向かっている」と話す。

東証1部の騰落数は、値上がり1394銘柄に対し、値下がりが630銘柄、変わらずが86銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below