February 7, 2019 / 3:07 AM / 9 days ago

前場の日経平均は反落、一時200円安 買い材料乏しく

 2月7日、前場の東京株式市場で日経平均は前営業日比137円17銭安の2万0736円89銭となり、反落した。写真は東京証券取引所で2015年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 7日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均は前営業日比137円17銭安の2万0736円89銭となり、反落した。前日の米国株安を受け、朝方から売りが先行。買い材料の乏しさも意識され、一時下げ幅を200円超に拡大した。

日経平均は2万1000円付近で上値が抑えられている。市場からは「米国株市場は過去の調整局面におけるリバウンド相場の平均的な上昇率と日柄に達してきた。米中通商協議の動向が懸念される中、国内では企業決算の材料もいったん出尽くし、ここからの上値追いには慎重にならざるを得ない」(みずほ証券の投資情報部部長、倉持靖彦氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、前日に大幅増益決算と自社株買いを発表したソフトバンクグループ(9984.T)が日経平均を約160円押し上げる要因となったが、東証1部騰落数の79%が値下がりとなり、下押し圧力が優勢となった。

TOPIXは0.95%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆3047億円だった。東証33業種では情報・通信を除く32業種が値下がり。石油・石炭、鉱業、パルプ・紙、輸送用機器などが値下がり率上位となった。

東証1部の騰落数は、値上がり359銘柄に対し、値下がりが1696銘柄、変わらずが72銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below