January 8, 2019 / 2:54 AM / 6 months ago

前場の日経平均は続伸、上値では利益確定や戻り売り

 1月8日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比160円82銭高の2万0199円79銭となり、続伸した。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比160円82銭高の2万0199円79銭となり、続伸した。前日の米国株が上昇した流れを引き継ぐ形で朝方から買いが先行。上げ幅を一時200円超に拡大したが、上値は利益確定や戻り売りなどに抑えられた。

きょうは為替と歩調を合わせる動きもみせており、上げ幅を縮小した場面では、ドルが108円後半から半ばへ下落したことも意識されたもよう。

一方、下がったところでは「買いが入りやすい」(東海東京調査センターのシニアストラテジスト、中村貴司氏)との声もある。悲観ムードに傾いた前年末に日本株のポジションを落とした向きが多く、戻り基調となればファンド勢、年金などの長期資金、個人投資家などから買い意欲が出やすいという。

TOPIXは前日比0.50%高だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆0960億円。セクター別では、海運、石油・石炭製品、精密機器などが値上がり率上位にランクイン。半面、陸運、空運、倉庫・運輸関連などが軟調だった。

東証1部の騰落数は、値上がり1336銘柄に対し、値下がりが715銘柄、変わらずが76銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below