June 18, 2018 / 3:09 AM / a month ago

前場の日経平均は反落、貿易摩擦への懸念が重し

[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比189円07銭安の2万2662円68銭となり、反落した。米中の貿易戦争が激化する様相を見せ、売りが先行。関西地方で最大震度6弱の地震が発生し、投資家心理が冷やされた面もある。

 6月18日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比189円07銭安の2万2662円68銭となり、反落した。写真は東京証券取引所で2014年3月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

売り一巡後は下げ渋る場面もあったが、戻りは鈍かった。市場では「(貿易摩擦関連では)要人発言で(上下いずれにも)振れるリスクがあり、ポジションを傾けにくい」(三木証券・投資情報部課長の北沢淳氏)との声が出ていた。

トランプ米大統領は15日、中国からの総額500億ドルに上る知的財産権とハイテク関連製品に25%の輸入関税をかけると明らかにした。これを受け、中国も同規模の対抗措置を導入すると発表していた。

一方、きょう午前7時58分ごろ、近畿地方を中心に強い地震が発生し、死者2人・心肺停止1人・負傷者20人が確認された。交通機関への影響では、新幹線、在来線で運行停止となったほか、一部の高速道路で通行止めが生じた。

TOPIXは1.07%安だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆1184億円。セクター別では、石油・石炭製品が下落率トップ。海運、非鉄金属、機械も下げが目立った。一方、上昇したのは建設業のみだった。

東証1部の騰落数は、値上がり450銘柄に対し、値下がりが1554銘柄、変わらずが84銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below