July 19, 2018 / 3:17 AM / 5 months ago

前場の日経平均は5日続伸、外部環境の落ち着きが支援

 7月19日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比69円11銭高の2万2863円30銭となり、5日続伸した。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 19日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比69円11銭高の2万2863円30銭となり、5日続伸した。前日の米国市場ではS&P500.SPXが5カ月ぶりの高値を付けたほか、ドル/円JPY=は112円台後半と円安基調を維持。落ち着いた外部環境を支えに買いが先行したが、前引けにかけては利益確定売りに押され伸び悩んだ。

TOPIXは前日比0.36%高で午前の取引を終了した。東証1部の前場の売買代金は1兆0224億円。セクター別では石油関連や機械、海運が上昇率上位にランクイン。銀行、証券の上昇率は1%を超えた。半面、原油高デメリットセクターのパルプ・紙が軟調。電気・ガス、水産・農林などディフェンシブ関連も値下がりした。

売りが先行したソフトバンクグループ(9984.T)がプラス転換。エーザイ(4523.T)が上場来高値を更新した。東京エレクトロン(8035.T)など半導体製造装置関連もしっかり。

ただ日経平均は前日高値を上抜けられず伸び悩んだ。「主力株全てが上昇しているという感じはない。銘柄によっては明暗が出ており、一部の限られた銘柄に資金が向かっている」(岡三証券・日本株式戦略グループ長の小川佳紀氏)との声も出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1107銘柄に対し、値下がりが859銘柄、変わらずが130銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below