November 25, 2019 / 3:33 AM / 16 days ago

前場の日経平均は続伸、米中通商協議の先行きに期待感

 11月25日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比213円73銭高の2万3326円61銭となり、続伸した。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比213円73銭高の2万3326円61銭となり、続伸した。先週末の米国株式市場では、通商協議を巡る米中双方の発言が好感されたほか、底堅い経済指標も買い材料となり主要3指数が上昇した。日経平均もその流れを引き継ぎ、プラス圏で取引をスタート。200円超える上げ幅となった。

21日の取引で節目の2万3000円を一時割り込むなど、下方向への懸念が強まり、ロングポジションを解消するような局面もみられていた。22日にトランプ大統領が、米中合意が「非常に近い可能性がある」と表明。米中通商協議の進展期待が再び高まったことで、朝方から日経平均先物に買いが入り、現物指数を押し上げた。

市場からは「週末に米中絡みでいい材料が出てきた。また、アジア株が底堅く推移していることも安心感を誘っている。合意が決まれば2万5000円、決まらなければ2万3000円割れを目安に推移するのではないか。今は往ったり来たりといったところ」(国内証券)との声が出ていた。

香港で24日に実施された区議会選挙は、投票率が過去最高となり、民主派が圧勝する見通しとなった。市場からは「(香港・上海株式市場が)マイナス圏でスタートとなっていたら、日経平均は上げ幅を縮小していた可能性はあるが、そうでなかった。日経平均に与える影響は限定的」(別の国内証券)との声が出ていた。

TOPIXは0.78%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8154億2200万円。東証33業種では精密機器以外の32業種が買われ、鉱業、鉄鋼、海運業などが値上がり率上位となった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1603銘柄に対し、値下がりが435銘柄、変わ らずが115銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below