Reuters logo
前場の日経平均は大幅3日続落、一時3カ月半ぶり安値水準
2017年8月18日 / 03:06 / 1ヶ月前

前場の日経平均は大幅3日続落、一時3カ月半ぶり安値水準

 8月18日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比201円10銭安の1万9501円53銭となり、大幅3日続落した。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比201円10銭安の1万9501円53銭となり、大幅3日続落した。一時260円超安となり、取引時間中としては5月2日以来約3カ月半ぶりの安値水準を付けた。米政治不安やスペインでのテロとみられる車両突入事件などを受け、外部環境への懸念が高まった。為替は1ドル109円台前半まで円高が進み、主力輸出株は軒並み下落した。

TOPIXも大幅3日続落。セクター別では、米長期金利の低下を背景に保険株が下落率トップ。証券、鉄鋼がこれに続いた。東証33業種中、海運1業種のみが上昇した。

17日の米国市場ではゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの観測が伝わったことで株価が急落する場面があった。その後、コーン氏は辞任する意向はないと報じられたものの、「トランプ政権の経済政策の責任者であるコーン氏の辞任の話が出てきたことは、今までと比較すると状況が深刻だ」(大和住銀投信投資顧問・経済調査部部長の門司総一郎氏)との声が聞かれた。

東証1部の騰落数は、値上がり223銘柄に対し、値下がりが1723銘柄、変わら ずが77銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below