April 6, 2018 / 3:17 AM / 15 days ago

前場の日経平均は小幅続伸、米中貿易摩擦が重し 円安は支え

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比27円52銭高の2万1672円94銭となり、小幅続伸した。前日の米国株は米中貿易摩擦を巡る懸念が和らいだとの見方で上昇。日経平均先物も海外時間には上昇していたが、朝方にトランプ米大統領が1000億ドルの対中追加関税の検討を米通商代表部(USTR)に指示したと伝わり、あらためて警戒感が浮上した。一時は100円近い下げとなったが、為替が1ドル107円台と前日比で円安を維持ことが支えとなり、前引けにかけてプラス圏に浮上した。

 4月6日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比27円52銭高の2万1672円94銭となり、小幅続伸した。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

TOPIXは前日比0.14%高で午前の取引を終了。東証1部の午前の売買代金は1兆1757億円だった。セクター別では石油関連のほか、小売、建設、サービスなどの内需系が堅調だった。下落したのは海運、パルプ・紙、空運など。市場では「しばらくは米中摩擦に振らされそうだ。企業から出る新年度のガイダンスも読みにくくなる。貿易問題の影響を受けにくい小型成長株に資金が向かいやすい」(東海東京証券・機関投資家営業部部長の静間康禎氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり951銘柄に対し、値下がりが1025銘柄、変わらずが104銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below