May 15, 2018 / 3:01 AM / 2 months ago

前場の日経平均は小反落、一時2万2900円台 買い先行後伸び悩む

[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比3円07銭安の2万2862円79銭となり、4日ぶりに小反落した。米ダウ.DJIが前日まで8日続伸し、為替も1ドル109円台後半と円安基調にある中、外部環境を好感した買いが先行。一時2万2900円台に突入したが、利益確定売りに押されて軟化した。

 5月15日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比3円07銭安の2万2862円79銭となり、4日ぶりに小反落した。写真は都内で2015年12月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

TOPIXは前日比0.18%高で午前の取引を終了した。東証1部の前場の売買代金は1兆3222億円だった。セクター別では銀行株の上昇が目立つ。増配と自社株買いを発表した三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)が一時3%を超す上げとなり、ETF(上場投信)を除く東証1部銘柄の売買代金でここまでトップとなっている。

半面、前日に買われた不動産株は反動売りに押された。日経平均ボラティリティ―指数.JNIVは今年最低の水準まで低下。相対的に中小型株が堅調に推移し、TOPIX Mid400.TOPXMは0.25%高。JPX日経平均中小型株指数.JPXNKMSCは0.62%高となり、上昇率はTOPIXを上回った。

全体相場について市場では「今期の予想で良い数字を出した企業でさえ、株価のパフォーマンスが持たない。日経平均が2万3000円に接近するにつれ、売りものが出ている印象がある」(ちばぎん証券顧問・安藤富士男氏)との声が出ている。企業の決算発表が峠を超え、今後は個別物色が一巡するとみられる中、足元ではテクニカル面での過熱感も意識されており、日本株の上値を圧迫したようだ。

東証1部の騰落数は、値上がり1085銘柄に対し、値下がりが889銘柄、変わらずが108銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below