August 20, 2018 / 3:13 AM / 3 months ago

前場の日経平均は小反落、下げ幅一時100円超 中国株高で下げ渋り

 8月20日、前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比39円92銭安の2万2230円46銭となり、小反落した。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比39円92銭安の2万2230円46銭となり、小反落した。前週末の米国市場でのハイテク株の上値の重さが意識される中、半導体関連が軟調に推移した。日経平均の下げ幅は一時100円を超えたが、プラス圏で推移した中国株が全体相場を下支えし、前引けにかけて下げ渋る展開だった。

TOPIXは前営業日比0.37%安で午前の取引を終了した。セクター別では非鉄金属、倉庫・運輸の下げが目立ったほか、サービス、小売など内需セクターも軟調。上昇したのはその他製品など5セクターにとどまった。

前週末の米フィラデルフィア半導体.SOXの下落を受け、SUMCO(3436.T)、東京エレクトロン(8035.T)など半導体関連株に売りが出た。ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028.T)が大幅安。1銘柄で日経平均を約33円押し下げる要因となっているが、ファーストリテイリング(9983.T)の上昇がこれを相殺している。

東証1部の前場の売買代金は7847億円と商いは低調。米中貿易問題に関する週内のイベントを見極めたいとの心理から、様子見ムードが広がった。

フィリップ証券リサーチ部長・庵原浩樹氏は「米国の通商政策面の『強硬姿勢』に変化は見込めないが、米国民の痛みを和らげるような政策が出てくる期待もある。中間選挙を前に、企業業績を押し上げられる減税策が再び打ち出されれば株式市場はプラス」と話す。

東証1部の騰落数は、値上がり537銘柄に対し、値下がりが1435銘柄、変わらずが126銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below