September 21, 2018 / 3:27 AM / 3 months ago

前場の日経平均は6日続伸、米株高背景にリスクオン継続

 9月21日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比118円42銭高の2万3793円35銭となり6日続伸。取引時間中としては1月24日以来約8カ月ぶりの高値を付けた。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比118円42銭高の2万3793円35銭となり6日続伸。取引時間中としては1月24日以来約8カ月ぶりの高値を付けた。前日の米国市場でダウが最高値を更新したほか、円相場も1ドル112円半ばまで弱含むなど良好な外部環境を背景に買いが先行した。連日の上昇で過熱感が意識され、買い一巡後はもみあう展開だったが、リスクオンの地合いは維持した。

TOPIXは前日比0.53%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆4353億円だった。業種別では保険、水産・農林、海運などが値上がり率上位。鉄鋼、機械なども堅調だった。安倍首相が自民党総裁選後の会見で補正予算の検討を表明したことから建設株も買われた。半面、金属製品、その他製品は軟調だった。市場では「日米通商協議(FFR)や日米首脳会談などの重要日程を控えて上値には慎重だが、株高基調は続いている」(アイザワ証券日本株ストラテジストの清水三津雄氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1524銘柄、値下がりが488銘柄、変わらずが98銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below