January 4, 2019 / 2:47 AM / 3 months ago

前場の日経平均は一時700円超安 アップル下方修正でリスク回避

 1月4日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比607円37銭安の1万9407円40銭となり、大幅続落した。写真は東京証券取引所で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 4日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比607円37銭安の1万9407円40銭となり、大幅続落した。年末年始の国内休場中に米国株が下落した。米アップル(AAPL.O)が業績見通しを引き下げ、世界景気の先行き懸念が強まる中、急速なドル安/円高進行も加わり、リスク回避目的の売りが膨らんだ。下げ幅は一時700円を超えた。

騰落率は日経平均が前日比3.03%安、TOPIXが2.25%安となった。東証1部の前場の売買代金は1兆2607億円。東証33全業種中、電気・ガスと陸運を除く31業種が下落した。精密機器の値下がり率は5%を超えた。

米アップルが中国でのスマートフォン販売減速を理由に業績見通し引き下げたことを受け、3日の米国市場で同社株は10%近く下落。東京市場では村田製作所(6981.T)や太陽誘電(6976.T)といった電子部品株や、SUMCO(3436.T)など半導体関連の一角が大幅安となった。

また中国景気の先行きに対する警戒から、ファナック(6954.T)や安川電機(6506.T)などFA(工場の自動化)関連、コマツ(6301.T)など建機株が軟調。ツガミ(6101.T)、牧野フライス製作所(6135.T)など工作機械株が大きく値下がりしている。

半面、業種別指数の電気・ガスは1.83%高。電鉄株など内需の一角が底堅く推移したほか、価格競争力を強みに持つニトリホールディングス(9843.T)、イオン(8267.T)、サイゼリヤ (7581.T)などが逆行高となっている。「円高メリット銘柄に買いが入ったが、市場はデフレを織り込みにいっている可能性もある」(アイザワ証券・日本株ストラテジストの清水三津雄氏)との声が出ていた。

中国商務省は4日、米中次官級の通商協議を7─8日に北京で行うと発表。先物にショートカバーが入り、日経平均は前場中盤に下げ幅を縮小する場面があったが、前引けにかけては安値圏でのもみあいに終始した。

東証1部の騰落数は、値上がり313銘柄に対し、値下がりが1772銘柄、変わらずが43銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below