February 8, 2019 / 3:48 AM / 3 months ago

前場の日経平均は続落、一時400円近い下げ 米中通商協議を懸念

 2月8日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比337円37銭安の2万0413円91銭となり、大幅に続落した。写真は東京証券取引所で2016年2月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 8日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比337円37銭安の2万0413円91銭となり、大幅に続落した。米中通商協議の先行き懸念から前日の米国株が下落。リスクオフ地合いが意識される中、朝方から売りが先行した。目立った買い材料もなく、一時下げ幅を400円近くまで拡大する場面もあった。

トランプ米大統領が7日、中国の習近平国家主席と3月1日までに会談する計画はないことを確認。米中が通商問題で交渉期限までに合意できない可能性が懸念されている。

日経平均は下値支持線とみられていた25日移動平均線(2万0516円26銭=7日)を下抜け。朝方に算出された2月限日経平均オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値(2万0481円02銭)も下回った。

下げ幅を拡大した局面では、ドル/円も109円半ばとやや円高方向に振れており、下支えにはならなかった。

TOPIXは1.69%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆3915億円だった。東証33業種の全てが値下がりし、下落率では機械、海運、石油・石炭、金属製品などが上位となった。

市場からは「後場に日銀のETF(上場投資信託)買いが入るとの思惑もあり下げ渋ったが、地合いはあまりよくない」(国内証券)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり296銘柄に対し、値下がりが1789銘柄、変わらずが41銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below