June 6, 2019 / 3:04 AM / 11 days ago

前場の日経平均は続伸、様子見ムード ソフトバンクGなど高い

 6月6日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比56円36銭高の2万0832円46銭となり、続伸した。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比56円36銭高の2万0832円46銭となり、続伸した。米国とメキシコによる移民・制裁関税を巡る協議や、週末の米雇用統計などを見極めたいとする向きが多いという。様子見ムードが広がる中、指数寄与度の高い銘柄への買いが下支えとなった。

TOPIXは0.03%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8814億円と薄商いだった。東証33業種では、情報・通信、空運、ゴム製品などが値上がり率上位にランクイン。半面、石油・石炭製品、鉄鋼、海運などが軟調だった。

個別銘柄では、ファーストリテイリング(9983.T)が約65円、ソフトバンクグループ(9984.T)が約39円、日経平均を押し上げる要因となった。前日に外需系の景気敏感株の買い戻しが一服し、きょうは内需系が物色されているという。

ソフトバンクグループは、同社が出資する米配車サービスのウーバー・テクノロジーズ(UBER.K)が公開価格の45ドルを初めて上回り、含み益に対する期待も広がった。

東証1部の騰落数は、値上がり892銘柄に対し、値下がりが1123銘柄、変わらずが112銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below