November 12, 2019 / 2:52 AM / a month ago

前場の日経平均は反発、上値に対して慎重な動き

 11月12日、前場の東京株式市場で日経平均は前営業日比38円35銭高の2万3370円19銭となり、反発した。写真は証券会社の株価ボード。2018年10月11日、東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比38円35銭高の2万3370円19銭となり、反発した。週明けの米国株式市場はさえない動きとなったものの、とりわけ目立った売り材料も見当たらないことから、強い基調を維持している。ただ、テクニカル指標に高値警戒感を示すものが目立つことから、上値に対して慎重な動きとなった。

11日の米国株式市場は、米中通商協議を巡る懸念が再燃したことを受けて、S&P総合500種.SPXとナスダック総合.IXICが下落した。ダウ工業株30種.DJIは、ボーイング株(BA.N)の上昇に支援され、ほぼ変わらず。ただ、同日のシカゴ日経平均先物は崩れず、ドル/円も109円台で落ち着いて推移したことから、小反発して始まった。

市場では「こで一服しても、高値警戒感が強いだけに、理想的な調整になるのではないか」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との指摘もあり、下がらないとみるや押し目買いが流入した。ただ、高値警戒感が強いのも事実で、積極的に上値を取ろうとする動きは見られない。日経平均は前日比プラスゾーンで推移しながら、狭いレンジでの振れに終始した。

TOPIXは前日比0.23%安。東証1部の売買代金は9809億7800万円だった。東証33業種では、建設業、その他製品などの上昇が目立つ。個別では、ソニー(6758.T)が上昇する一方で、トヨタ自動車(7203.T)が下落するなど主力輸出関連株は高安まちまちだった。

東証1部の騰落数は、値上がりが936銘柄に対し、値下がりが1128銘柄、変わらずが86銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below