June 22, 2018 / 12:27 AM / 5 months ago

寄り付きの日経平均は反落、米株安・円高が重し 摩擦懸念が継続

 6月22日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比236円59銭安の2万2456円45銭となり、反落して始まった。写真は都内の株価ボード前で2013年6月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比236円59銭安の2万2456円45銭となり、反落して始まった。

貿易摩擦を巡る懸念が継続しているほか、ドル/円が円高気味に推移していることが相場の重しとなり、米株安の流れを引き継いだ。一方、投資家による配当再投資の動きが支えとなって、売り一巡後は下げ渋るとの思惑もある。

東証33業種の全てが下落している。銀行が下落率トップ。海運、非鉄金属、輸送用機器がこれに続いている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below