February 28, 2019 / 12:26 AM / 23 days ago

寄り付きの日経平均は反落、弱い鉱工業生産を嫌気

 2月28日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比19円96銭安の2万1536円55銭となり、反落した。その後、下げ幅を拡大している。写真は都内の株価ボード前で2014年2月に撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 28日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比19円96銭安の2万1536円55銭となり、反落した。その後、下げ幅を拡大している。

経済産業省が発表した1月鉱工業生産指数速報が前月比3.7%低下し、市場予想より弱い結果となったことがネガティブに受け止められているもよう。市場からは「大分弱い。来月もほとんど増えない見通しで、1─3月期はかなりの幅で減産になりそうだ。中国経済の減速と半導体需要の減少の影響が数字に出ている」(みずほ証券のシニアマーケットエコノミスト、末広徹氏)との声が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below