July 17, 2019 / 12:25 AM / 3 months ago

寄り付きの日経平均は続落、半導体関連が安い

 7月17日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円62銭安の2万1474円63銭となり、続落した。写真は都内の株価ボード前で2014年6月に撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円62銭安の2万1474円63銭となり、続落した。前日の米国株市場で主要3指数が反落したことが嫌気され、売りが先行した。フィラデルフィア半導体指数.soxが1.07%下落したことも圧迫材料となり、東京エレクトロン(8035.T)やアドバンテスト(6857.T)、SUMCO(3436.T)、SCREENホールディングス(7735.T)など半導体関連株が売られている。

業種別では、鉱業、石油・石炭、精密機器などが値下がり。繊維、倉庫・運輸関連、空運などが買われている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below