for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=強もちあい、米国株式上昇や円安を好感する動きに

[東京 8日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。前日の米国株式市場が上昇したほか、円安に振れていることなどが好感される動きとなりそうだ。ただ、明日からの3連休を控え、後半は模様眺めになる可能性が高い。

日経平均の予想レンジは2万7400円─2万7700円。

7日の米国株式市場は上昇、主要3指数が終値での最高値を更新した。民主党が議会の主導権を握ったことで、追加景気対策の実現に期待が高まった。連邦議会議事堂にトランプ大統領の支持者が乱入する事態が発生してから一夜明けたこの日、議会では民主・共和両党からトランプ氏の罷免を求める声が上がった。

一方、外為市場ではドル/円が103円台後半と円安方向に振れており、米株高とともに日本株にとって追い風となり、前日の好地合いを引き継ぐとみられる。ただ、3連休を控えた週末とあって、幅広く物色されながらも後半は伸び悩みそうだ。

市場では「きょうは米株の強さが日本株にもそのまま反映されそうだ。注目したいのはテスラの動き。同社の株価動向が相場の強さを計る目安になるのではないか」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれた。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均      27490.13 27624.73 27002.18

+434.19 2021年1月7日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物12月限 27595(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up