for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=前日終値を挟んでもみあい、手掛かり材料難

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は前日終値を挟んでもみあう展開が予想されている。オーバーナイトの米国株市場は主要3指数が高安まちまち、ドル/円も105円台と決め手に欠く。前日は、前週末の安倍晋三首相の辞任報道による急落から戻りを見せたが、現時点で追加の買い材料は見当たらず、2万3000円台で方向感のない動きになりそうだという。

日経平均の予想レンジは2万3000円─2万3250円。

前日の米国株市場では、ダウは0.78%安、S&P総合500種が0.22%安となった一方、ナスダック総合はハイテク優良株の上昇が追い風となり0.68%高で取引を終えた。新型コロナウイルスの流行の中でも好調に推移するとの見方でハイテク株の買いが膨らんでいる。

シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値が2万3100円、大阪取引所が夜間終値は2万3080円と、いずれも前日の現物終値をわずかに下回っている。現在のドル/円は105.80円台と、前日午後3時時点に比べてやや円安の水準で推移しており、日経平均は前日終値近辺でのスタートが見込まれている。

寄り付き後も手掛かり材料に欠き、方向性は出づらいとみられている。退陣を表明した安倍首相の後継は菅義偉官房長官が有力との見方が広がっているが、「コロナ禍の状況では誰が後継になっても経済政策は大きく動かしにくい」(国内証券)との指摘も多い。安倍首相の辞任によるショックが和らぎ、海外投資家も引き続き夏休みモードであることから、きょうは動意に乏しい展開となる可能性が高いという。

自民党は総裁選の方式を1日の総務会で決定する。自民党幹部によると、9月8日告示、14日投開票となる見通しだ。党執行部は緊急性を重視し、全国規模の党員・党友による投票を除き、国会議員の投票を中心とした簡素化を検討している。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23139.76 24115.95 16358.19

+257.11 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 23100(円建て)

杉山健太郎

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up