January 31, 2019 / 10:53 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=買い先行後もみあい、米株高は安心材料

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均は買い先行後もみあいの展開が予想されている。前日の米国株高が安心材料となり、続伸して始まるとみられる。その後は利益確定や戻り待ちの売りが上値を抑えそう。為替がやや円高方向に振れた場合はマイナス圏に沈む可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万0650円─2万0900円。

前日の米国株市場ではS&P総合500種.SPXとナスダック総合.IXICが続伸となった。米連邦準備理事会(FRB)が示したハト派的な姿勢や、フェイスブック(FB.O)の好決算が楽観ムードにつながった。[nL3N1ZV6Q7]日経平均先物3月限は、大阪取引所の夜間終値が2万0740円。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の清算値(円建て)が2万0825円となっている。東京市場の序盤はCMEの水準を意識して高く始まりそうだ。

その後は日本の企業決算や為替の動向をにらみながら推移するとみられる。これまで行われた決算発表では、通期業績見通しを下方修正する企業が出ている。すでに業績悪化が株価に織り込まれていた場合は悪材料出尽くしとなる傾向だが、想定以上に悪い内容と受け止められれば下げがきつくなる可能性がある。市場からは「中国での売上減少に対する警戒は根強い。引き続き米中の貿易問題が焦点だ」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が出ていた。

トランプ米大統領は、3月1日が中国との通商協議の厳格な期限だと述べ、期限までに合意に達しない場合は中国製品への関税を引き上げるとの見解を明らかにしている。[nT9N1U001W]

きょうの決算発表は、ソニー(6758.T)、ホンダ(7267.T)、デンソー(6902.T)、三井物産(8031.T)、日立製作所(6501.T)、JFEホールディングス(5411.T)、三菱自動車工業(7211.T)など。海外時間には、米国で1月の雇用統計やISM製造業景気指数など重要経済指標が発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      20773.49 24448.07 18948.58

+216.95 2018年10月2日 2018年12月26日

シカゴ日経平均先物3月限 20825(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below