March 10, 2020 / 10:54 PM / a month ago

今日の株式見通し=続伸、買い戻し 米株高や円安が支援材料

[東京 11日 ロイター] -

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      19867.12 24115.95 19241.37

+168.36 2020年1月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物3月限 19975(円建て)

きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が想定されている。米政府による景気刺激策への期待から米国株主要3指数が急反発。ドル/円も円安方向に振れており、東京市場も高く始まるとみられる。その後も買い戻しの流れが続きそうだが、このところの下げが急ピッチだったことから、上昇したところでは利益確定や戻り待ちの売りなどが出る可能性もある。

日経平均の予想レンジは1万9700円─2万0150円。

トランプ米大統領が9日、新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化を防ぐため給与税の引き下げなどの措置を検討するとし、米国株は急反発。ダウ、ナスダック総合、S&P総合500種はいずれも5%近い上昇となった。[nL4N2B34CN]

現在のドル/円は105円前半で推移し、前日午後3時時点の104円半ばに比べて円安水準。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は1万9975円と、前日の現物終値を上回っており、東京市場は同水準を意識して高く始まるとみられている。

その後も買い戻しや自律反発狙いの買いで上値を伸ばしそうだが、足元の米国株先物はマイナス圏で推移しており、今晩の米国株市場の反落も警戒される。心理的節目の2万円を上回ったところでは上値がやや重くなる可能性もある。

きょうはジャスダック市場にコンピューターマネージメント(4491.T)が新規上場する。

*内容を追加して再送します。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below