June 10, 2019 / 11:03 PM / 2 months ago

今日の株式見通し=もみあい、戻り待ちの売りは出やすい

[東京 11日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいとなりそうだ。前日の米国株は対メキシコへの関税発動見送りで安心感が広がり上昇したが、東京市場では織り込み済みとなっている。投資家のリスク回避姿勢は和らいだものの、2万1000円台では戻り待ちの売りが出やすいとみられ、為替や中国株などの動き次第では上値が重くなることも予想される。

日経平均の予想レンジは2万0900円─2万1300円。

10日の米国株市場は、前週末にトランプ大統領が対メキシコ関税の発動見送りを決定したことでリスク選好が回復し、ダウは2018年5月以来13カ月ぶりの6日続伸を記録した。為替は1ドル108.4円付近で推移するなど外部環境は落ち着いている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万1120円、大阪取引所の夜間終値は2万1110円と現物指数の前日終値付近だった。朝方は穏やかなスタートが見込まれる。

一方、米中対立は引き続き相場の重しになる。トランプ氏は10日、今月末の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、中国の習近平国家主席と通商合意に達しなかった場合、中国輸入品への追加の報復関税を発動する用意があると発言した。市場では「上値を買い進むような手掛かり材料は乏しい。日経平均2万1000円台では利益確定売りなども出やすい」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、5月工作機械受注が発表される。海外では5月米卸売物価指数が発表される。ゲーム業界最大のイベント「E3」がロサンゼルスで開催される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21134.42 22362.92 19241.37

+249.71 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 21120(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below