June 11, 2018 / 10:52 PM / 6 months ago

今日の株式見通し=続伸、買い先行後は米朝首脳会談の行方を注視

[東京 12日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が見込まれる。前日の米国株が小幅高、為替は1ドル110円台の円安に振れるなどリスクを取りやすい環境だ。買い先行後は史上初となる米朝首脳会談の結果を見極めたいとして様子見となりそうだが、交渉決裂など想定外の事態にならなければ、大きな波乱はないと予想される。

日経平均の予想レンジは2万2800円─2万3100円。

前日の米国株市場では、重要イベント前で積極的な売買が手控えられる中、主要3指数がいずれも小幅に上昇した。為替の円安基調も支えとなり、シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は2万2920円、大阪取引所の夜間終値は2万2900円と上昇した。寄り付きは同水準を意識し、主力株中心に買いが先行するとみられる。

取引時間中は米朝首脳会談を結果を見極めたいとして様子見となりそうだが、前日には日経平均が先物主導で100円超の上昇となるなど米連邦公開市場委員会(FOMC)も含めイベント目白押しの中で、強い地合いを示している。市場では「米株高を背景に投資家心理が改善している。米朝首脳会談の結果は読みにくいが、交渉決裂といったことがなければ、後場にかけても堅調な相場を持続しそうだ」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、4─6月期法人企業景気予測調査(内閣府)が発表される。海外では5月米消費者物価指数が発表される。世界最大級のゲーム見本市「E3」(14日まで、ロサンゼルス)が始まる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22804.04 24129.34 20347.49

+109.54 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22920(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below